【ワークマン】デザインもかわいい1,500円レインブーツ「防水サファリシューズ」買ってみた

ワークマン レインブーツ 14 16 04 title

梅雨のシーズンは濡れたニューバランスで歩くのが当たり前だと思っていました。そんなはずないのに。

レインブーツもなかなか試す機会がなく‥‥というか、どんなものがあるのか、どんなものが良いのか分からずにいたので、ワークマンの「防水サファリシューズ」が話題になっているのを見て「これだ!」と飛びつきました。ハイカットのスニーカーみたいでかわいい!

ワークマン「防水サファリシューズ」買ってみた

しかし、すぐには買わなかったのは「どうせ売り切れるんだろうな‥‥」と思ってしまっていたから。ネットで話題になると、店頭に行っても在庫がないんですよ。

すっかりそのまま忘れてしまいそうになりましたが、チルな友達のあやぼうさん @ayabow7 から「買えましたよー」とメッセージが飛んできまして、クルマに乗っているタイミングだったので、そのまま最寄りのワークマンプラスでゲットしてきたという次第です。

ワークマン レインブーツ 14 01 04343

防水サファリシューズ」は男女兼用で、サイズはS、M、L、LL、3Lとなっています。カラーバリエーションはブラックとオリーブの2色展開。

レディース防水サファリシューズ」というモデルもあり、カラーバリエーションはブラックとブラウンです。サイズはS、M、Lのみ。

気になる価格は「防水サファリシューズ」も「レディース防水サファリシューズ」も1,500円(税込)。安いです!

ワークマン レインブーツ 14 02 04

オリーブとブラックのどちらにするか悩んだのですが、あやぼうさんから「オジ旅のツナギにはオリーブが合うと思いますよ」とアドバイスを貰い、オリーブを購入することに。

サイズは3Lです。普段は27.5〜28.0cmくらいのニューバランスを履いていますが、3Lでぴったりでした。

ワークマン レインブーツ 14 04 04

全天候型で防水。バチッと水は通しません。その代わり蒸れそうですが、それは仕方ありません。防水と引き換えですし、長靴みたいなものですね。

ワークマン レインブーツ 14 05 04

素材の特徴により紐通し穴が裂けることがあるので、紐を締める際は方向に注意してね、という注意もついていました。

「防水サファリシューズ」はその名の通り、サファリぽい雰囲気でとても良いです! アウトドアの時にも、とても良いんじゃないかと思いますね。

写真で見る「防水サファリシューズ」

それでは「防水サファリシューズ」を写真で紹介します。

ワークマン レインブーツ 14 12 04

正面から。

ワークマン レインブーツ 14 11 04

横から。ハイカットなのが、利便性もあるしお洒落だし、良いです。

ワークマン レインブーツ 14 07 04

知らないと完全防水のシューズには見えないかも?

レインブーツは雨上がりの後に履いていると、例えばいかにも長靴みたいな感じが苦手で雨でもニューバランスを履いてしまっているのですが、この感じだったら大丈夫かも。

ワークマン レインブーツ 14 08 04

靴底。けっこうゴツいです。ギュッと滑らなさそう。

ワークマン レインブーツ 14 09 04

靴の内側はこんなデザインになっています。

ワークマン レインブーツ 14 13 04

水をザバザバかけても平気です!

ワークマン レインブーツ 14 15 04

むしろ、濡れている感じをどう写真に収めようかと迷ったくらいです。

ワークマン レインブーツ 14 14 04

こんな具合に水を弾きまくるので。

ということで、かわいくて便利な「防水サファリシューズ」に興味を持ったら、ぜひワークマンへゴーしてください。汚れにも強いし、キャンプにもびったりだな、これは!

雨の中のキャンプで履いてみた!

雨の中のキャンプに行ってきました! もちろん、靴はワークマンの「防水サファリシューズ」です。事前に試したときは、短い靴下で足首のあたりに靴ずれができてしまったのですね。そのため、今回は長めの靴下を履いていきましたが、これが正解。

夜に雨が降っている中でのワークマンのレインブーツです。キャンプ場ということでぬかるみもありましたが、全く浸水することなく快適でした。靴紐をゆるめにしておくと、脱いだり履いたりも楽でした。

翌日の朝です。長めの靴下のおかけで靴ずれもありませんでした。靴ずれすると履くのに躊躇してしまいがちですが、これからもガシガシと履けそうです!

近くにワークマンがないんだけど‥‥

超気になるけど近所にワークマンがない‥‥という方は、こちらのレインブーツはいかがでしょうか?

恐らくこれがOEM元なんではないかと思うんですよね。だってサイドのロゴが同じですから。ただし、価格は2,526円です。

ワークマンはサイズ展開を絞っていること、靴紐が安いものになっていること、そもそも大量仕入れでコストカットしているのだと思います。

少し値は張りますが、スタートレーディングの方が靴のサイズを0.5mm単位で選べるメリットがあります。

返品可能な試着サービス「プライム・ワードローブ」の対象なので、とりあえず取り寄せてサイズを確認してみるという手もあります。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数