「Facebook」約5,000万件のアカウントに影響を与えるセキュリティ問題を公表

「Facebook」約5,000万件のアカウントに影響を与えるセキュリティ問題を公表

「Facebook」が、約5,000万件のアカウントに影響を与えるセキュリティ問題を公表しました。Security Updateとして発表されています。

On the afternoon of Tuesday, September 25, our engineering team discovered a security issue affecting almost 50 million accounts. We’re taking this incredibly seriously and wanted to let everyone know what’s happened and the immediate action we’ve taken to protect people’s security.

2018日9月25日の午後に、Facebookのエンジニアリングチームが約5,000万件のアカウントに影響を与えるセキュリティ問題を発見しました。

攻撃者がFacebookのコードの脆弱性を悪用し、他のユーザーに自分のプロフィールがどのように見えるかを「表示する」機能に影響を与えたことは明らかとしています。

これにより、Facebookのアクセストークンを盗み、人々のアカウントを引き継ぐことができました。 アクセストークンは、ユーザーがFacebookにログインしたままにしておくことができるように、アプリを使用するたびにパスワードを再入力する必要がないデジタルキーと同等です。

Facebookでは、既にこの脆弱性を修正しています。約5,000万件のアカウントのセキュリティトークンをリセットし、セキュリティを保護しとしています。

この結果、約9,000万人がFacebookやFacebookログインを使用するアプリにログインする必要があるということです。

急にFacebookやFacebookメッセンジャーからログアウトしたのは、こうした理由があったのですね。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数