スポンサードリンク

「天までとどけ」シリーズの父親役・綿引勝彦さん、膵臓がんで死去

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

「天までとどけ」シリーズの父親役・綿引勝彦さん、膵臓がんで死去

「天までとどけ」シリーズの父親役などで知られる、俳優の綿引勝彦さんが2020年12月30日に膵臓がんで死去していたことが明らかになりました。75歳でした。

スポンサードリンク

綿引勝彦さん死去 膵臓がん、75歳 ドラマ「天までとどけ」シリーズなどという記事になっていました。

子だくさん一家を描いたTBS系ドラマ「天までとどけ」シリーズの父親役などで知られた俳優の綿引勝彦(わたびき・かつひこ)さんが昨年12月30日に膵臓がんのため亡くなっていたことが13日、分かった。

葬儀は近親者で執り行われています。

2018年に膵臓がんが見つかり、闘病生活を送られていました。厳しい治療に耐えてきたものの、2020年11月に積極的な治療が打ち切られ、自宅療養をされていたということです。

強面の役の印象が強いですが、「天までとどけ」シリーズの優しい父親役も心に残りますね。

「天までとどけ」の出演者は三男公平役だった金杉太朗さんが、33歳の若さで亡くなったのが2008年でした。お母さん役だった岡江久美子さんは、2020年に新型コロナウイルスで亡くなっています。

心よりご冥福をお祈りいたします。

関連記事

綿引勝彦さん死去 膵臓がん75歳「天までとどけ」 - おくやみ : 日刊スポーツ

綿引さんは1945年12月23日生まれ。日大芸術学部を中退後の65年、劇団民藝に入団した。85年に退団後は映画、ドラマに多数出演。

綿引さん妻・樫山文枝「投了すると伝えてくれ」と… - おくやみ : 日刊スポーツ

夢うつつの中で、将棋を指していたのでしょうか、「投了すると伝えてくれ」とつぶやいたのですが、これで人生を投了するということでもあったのでしょうか。最期は眠るように逝きました。

綿引勝彦さん死去 天までとどけ・岡江さん死去から9カ月「今でも本当の家族」と…/芸能/デイリースポーツ online

綿引さんと岡江さんは91年スタートのTBS系ドラマ「天までとどけ」シリーズで共演。13人の子どもを持つ夫婦を演じた。ドラマ終了後も、当時の家族を演じた子役らと食事会を開くなど、親交は続いていたという。
最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

ローソンストア100で売ってた寿がきやの袋麺「岐阜タンメン」「富山ブラック」こんなに美味かったの!?

次へ

【Kindleセール】最大50%オフ「KADOKAWA『幼女社長』新刊発売&アニメ化記念 こんなのアリ?!とにかく笑える!コミックフェア」開催中(1/28まで)