女優・樹木希林、75歳で死去

4884184815

個性派の女優として知られた樹木希林さんが、2018年9月15日に死去していたことが分かりました。75歳でした。2004年に乳がんで手術を受けたものの、2013年には「全身がんに転移していることを明かしていました。樹木希林さんが死去 最期は自宅で家族に看取られてという記事になっています。

数々の映画、ドラマ、CMで活躍した女優樹木希林(きき・きりん)さん(本名・内田啓子=うちだ・けいこ)が15日に都内の自宅で亡くなったことが16日、分かった。75歳だった。

夫はロックミュージシャンの内田裕也、娘は内田也哉子、その夫は本木雅弘です。

樹木希林さんは8月13日に左大腿骨を骨折し、入院もしていましたが、自宅で家族に看取られて亡くなったということです。

女優の樹木希林さんが死去 75歳 2012年に「全身がん」公表によると「最初に襲ったのは乳がん。04年に見つかり、翌年右乳房を全摘手術した。その後、腸や副腎、脊椎などにも見つかり、治療は約20か所にも及んだ」ということです。

「全身がん」の告白なら時間も経っていますし、このまま病気とうまく折り合いをつけながら生きていかれるのかと思っていました‥‥。

1943年1月15日生まれ、75歳でした。

心よりご冥福をお祈りいたします。

関連記事

樹木希林さんが75歳で死去「全身がん」など壮絶な闘病生活 – ライブドアニュース

樹木さんは、1961年に文学座付属演劇研究所に入り、「悠木千帆」名義で女優活動をスタート。64年に森繁久彌さん主演のテレビドラマ「七人の孫」にレギュラー出演し、一躍人気を集めた。個性派女優として多くのドラマ、映画、舞台に出演。

樹木希林さん、家族に看取られ死去 75歳 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)