雨!風!温泉!エクストリームな環境で4Kの高画質な360度撮影を可能にする「KeyMission 360」【AD】 
#KeyMission360 #PR

Key mission 360 0542

この記事は、reviews(レビューズ)より依頼した企画です。

海でダイビングをしたり、ロッククライミングをしたり、スカイダイビングをしたり、雨も風も気にしないぜ的にハードな環境での使用に耐えるアクションカメラ「KeyMission 360」がニコンから発売されました。

「KeyMission 360」が凄いのは、360度撮影に対応したアクションカメラである点です。ヘルメットに装着したり、バイクのハンドルに取り付けるなどして、決して条件が良くないシーンでも360度の動画や写真の撮影が可能です。しかもNIKKORレンズに4K UHD(3840×2160)の高画質です。

とはいえ、みんながみんなエクストリームな環境で使うとは限らない訳です。そこで、ハードではないシチュエーションとして、しかし高画質の360度写真や動画を残しておきたいニーズが高まるであろう旅先で使ってみることにしました。

実際に使ってみた上で、iPhoneとMacBookを使うユーザーが「KeyMission 360」を使う時の勘所、どんな風に使えるかという点もレポートしたいと思います。

「KeyMission 360」のスペック 〜どれだけタフか?

「KeyMission 360」をスペックからご紹介します。

有効画素数:2389万画素

撮像素子:1/2.3型原色CMOS

総画素数:2114万画素×2

レンズ:NIKKORレンズ×2

焦点距離:1.6mm(35mm判換算8.2mm相当)

開放F値:f/2

レンズ構成:7群7枚

メモリカードはmicroSDを使用します。

寸法(幅×高さ×奥行き):約65.7×60.6×61.1mm(レンズプロテクター含む)

質量:約198g(レンズプロテクター、電池、メモリーカード含む)

タフなところに関しては、防水性能はJIS/IEC保護等級8(IPX8)相当で水深30m、60分までの撮影が可能です。防塵性能はJIS/IEC保護等級6(IP6X)相当です。使用温度は-10℃~+40℃(陸上)、0℃~40℃(水中)です。アウトドアでの撮影に強いことが分かります。

「KeyMission 360」どう使ったか?

「KeyMission 360」の実機をお借りしている期間に、2度の旅に出ました。アメリカのサンディエゴと東京の離島の新島・式根島です。

ちなみに、エクストリームな使い方だとこんな風に撮影ができます。

うわー真似出来ない!

と思ってしまうのですが「もっとライトに使うこともできるんですよ!」というところをご紹介したいと思います(もちろんゴリゴリ使ってもOK!)。

まずはサンディエゴで撮影したものから。

港に接岸された、退役した空母ミッドウェイの甲板で撮影した360度写真です。戦闘機が離発着できる、広い甲板の様子がよく分かります。