【動画】社長室がエレベーターになって上下していた不思議な靴会社「バチャ(Baťa)」 #チェコへ行こう #cz100y #Zlin #ズリーン

【動画】社長室がエレベーターになって上下していた不思議な靴会社「バチャ(Baťa)」

ズリーン(Zlin)という街に移動し、靴の博物館を訪れるスケジュールに関して何の疑いも持っていなかったのですが、訪れてみて驚愕。

靴会社の話ではあったのですが、靴はメインテーマではなく、その「バチャ(Baťa)」という会社の創業者の作り上げたシステムが色々と凄いという話に一同は驚愕したのでありました。

なお日本では「バチャ(Baťa)」と呼ばれていますが、現地だと発音は「バキャ」に近いようです。

「バチャ(Baťa)」は、第二次世界大戦前に世界で一番大きかった靴のメーカーです。1894年に創業しました。当時はズリーンの村の人口は3,000人しかいなかったのに、第二次世界大戦で4万人、現在は8万人にまで膨れ上がっています。

「バチャ(Baťa)」は最初は小さな会社で、先祖代々が普通の家で靴を作っていました。それをうまく大きくしたのが、トマーシュ・バチャという人物です。

【動画】社長室がエレベーターになって上下していた不思議な靴会社「バチャ(Baťa)」

1899年に靴を運ぶために鉄道ができました。会社が小さい時は社員は歩いて通っていましたが、会社が大きくなると近隣の村などから通う人が出てきて、それでトマーシュ・バチャは社員寮のような建物を建築します。

【動画】社長室がエレベーターになって上下していた不思議な靴会社「バチャ(Baťa)」

かつて社員寮だった住宅

1923年、トマーシュ・バチャが市長になります。当時はズリーンの人口は2万人くらいでした。しかし、1932年にはトマーシュ・バチャが飛行機の事故で亡くなり、息子がいたが小さかったので義理の弟であるヤン・アントニーン・バチャが新しくオーナーになりました。

第二次世界大戦の際、1944年に爆弾で工場が破壊されましたが、これはアメリカの爆撃機でもアメリカの靴のプロデューサーがチェコのバキャを壊そう‥‥と言っていたらしいという噂話があるそうです。それくらい靴業界では「バチャ(Baťa)」の存在感が大きかったという逸話です。

第二次世界大戦終、チェコは共産主義になり「バチャ(Baťa)」は国営化されました。1945年に工場が国営化された時には海外にオフィスがあったので「バチャ(Baťa)」という会社がなくなったわけではなく、チェコの工場だけが国営化されロンドンがヘッドクオーターになりました。今はスイスのルザンにヘッドクオーターがあります。

もともと村がありトマーシュ・バチャが街を成功させたことを、共産党から見ると悪いキャピタリストに見えていたそうです。そのため国営化後に会社名はおろか、ズリーンという町の名前まで変えられたそうです。

「バチャ(Baťa)」はスビットという会社になり、2006年に倒産しました。

【動画】社長室がエレベーターになって上下していた不思議な靴会社「バチャ(Baťa)」

今回の訪問ではまず「バチャ(Baťa)」の会社のヘッドクオーターがあった場所を案内して頂きました。第二次世界大戦までは、ここがヘッドクオーターでした。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数