「ピルスナーウルケル醸造所」ピルスナービールの聖地を見学 #プルゼニュ #チェコへ行こう #visitCzech

Czech tour 1626 1

チェコといえばビール。チェコは日本でも大手ビールメーカーが醸造している、ピルスナービールの生まれ故郷でもあります。ピルスナービールは世界中で飲まれているビールで、大げさな言い方をすれば”ピルスナービールの聖地”ともいえるのが、この「ピルスナーウルケル醸造所」です。

「ピルスナーウルケル」というのは、この醸造所でつくられるビールの名前でもあり、チェコのレストランではほぼこのビールを飲むことができました。チェコ語では「プルゼニュスキープラズドロイ(Plzeňský Prazdroj)」と呼ばれたりもします。

1839年に市民がビール醸造することを決め、ドイツからブラウマイスターのヨゼフ・グロルを招聘します。そして1842年にこれまでにないビールが誕生しました。それが「ピルスナーウルケル」で、現在は50カ国以上に出荷されています。

「ピルスナーウルケル醸造所」を工場見学

まず初めにガイドの方から説明があったのは「ピルスナーウルケル」が大事にしているものが3つあり、それが門、水道塔、そして煙突だという話がありました。

Czech tour 1646

これが入口にある門です。

Czech tour 1587

そして、これが煙突と水道塔です。いずれも歴史を感じさせる、重厚な建築物です。「ピルスナーウルケル」の歴史を眺めてきたのでしょう。

Czech tour 1592

ビジターセンターからバスに乗り、到着したところから「ピルスナーウルケル醸造所」の工場見学のはじまりです。見学ツアーの価格は大人200コロナです(日本円で約1,000円)。

Czech tour 1593

これが「ピルスナーウルケル」の工場の全体像です。先ほどの写真でいうと、水道塔の右側になります。ここに行くだけでもそれなりに歩くので、移動はバスでした。

Czech tour 1597

2004年から新しい工場が稼働しており、1日100万リットルが生産されています。ボトルの数では200万本にもなります。

Czech tour 1598

ロシアだけは材料を輸出し、ロシアでビール醸造を行っているとのことでした。水が違うので、味の調整を施しての生産になります。

Czech tour 1609

別の棟に移動し、ビール醸造の行程を見学します。水は軟水で、地下100mから汲み上げています。「ピルスナーウルケル」の味を決める重要な要素の一つです。

イーストはこの工場で作っていますが、万が一のために4カ所にサンプルを置いているそうです。プルゼニュ、プラハ、ロンドン、そして東京です。なぜ東京かというと、アサヒビールが2016年12月に「ピルスナーウルケル」を買収したからなのです。

余談ですが、現在でも販売はされているのですが、いつか日本でも手軽に「ピルスナーウルケル」が飲めるようになる日がやってくるのでしょうか?

Czech tour 1612

プロジェクションマッピングで黒板にチョークで描くように説明されるビール醸造行程は、仕組みとして今風、圧巻でありました。古典的な糖化方法を3回繰り返すことが説明されます。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数