スポンサードリンク

自宅で日本全国のクラフトビールが楽しめる会員制ビールサーバーサービス「DREAM BEER」2021年春にサービス開始

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

自宅で日本全国のクラフトビールが楽しめる会員制ビールサーバーサービス「DREAM BEER」2021年春にサービス開始

自宅で楽しむ生ビールというと、キリンの「ホームタップ」が人気ですが、日本全国のクラフトビールが楽しめる家庭用サーバーとして「DREAM BEER」が2021年春にサービス開始すると発表しています。

スポンサードリンク

日本各地のクラフトビールが楽しめる「DREAM BEER」

「DREAM BEER」は、日本全国各地のクラフトビールを中心とした多彩な生ビールを家庭用サーバーで楽しめる日本初のサービスです。

2021年春のサービス開始に先立ち、また、サービス開始に先立ち、2020年7月1日よりドリームビア公式サイトが開設されました。提携ブルワリー情報、サービス提供開始時期の情報などを随時更新していくとしています。

いつまで新型コロナウィルスの影響が分からない昨今、さらには「あ、家呑みもいいじゃない?」となった人は、こうした家庭用ビールサーバーで日本全国のクラフトビールを呑めることに大きな魅力を感じるかもしれません。いや、普通に魅力的ですね!

「ドリームビア」サービス概要

サービス名称 :DREAM BEER(ドリームビア)

自宅で日本全国のクラフトビールが楽しめる会員制ビールサーバーサービス「DREAM BEER」2021年春にサービス開始

サービス内容 :会員制ビール提供サービス。サーバー契約(機器レンタル)し、専用のECサイトやアプリで注文すると最短2日でブルワリーから自宅にビールが届きます。

各ビール製造元 :全国の提携ブルワリー

提携ブルワリー一覧(2020年7月1日時点)

自宅で日本全国のクラフトビールが楽しめる会員制ビールサーバーサービス「DREAM BEER」2021年春にサービス開始

専用生ビールサーバー

レンタルされる専用サーバーは、ビール本来の豊かなフレーバーを味わうための「DREAM BEER」専用サーバーが開発されています。

自宅で日本全国のクラフトビールが楽しめる会員制ビールサーバーサービス「DREAM BEER」2021年春にサービス開始

衛生面を配慮した簡単メンテナンス設計で、手間なく分解・水洗い洗浄できる独自の設計を採用。タップ部とボトルを直結、抽出ストローは都度交換とする等、衛生管理を徹底しています。

ペルチェ方式を採用しているため、コンパクト&静音設計です。サーバーの左右や背面の排気スペース等を気にする必要がなく、置き場所にも困りません。

とはいえ

でもお高いんでしょう? となるのかどうか。

まだ価格が発表されていないので分かりませんが、キリンの「ホームタップ」と同程度(月4リットルで8,250円)だと嬉しいという人が多いでしょうかね?

楽しみに「DREAM BEER」のサービス開始を待ちましょう!

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

1.8kg・最長52cm移動する小型軽量の電動カメラスライダー「ZEAPON Motorized Micro2 kit」

次へ

Raspberry Piベースの取っ手付きハンドヘルドなタブレット端末「CutiePi」