スポンサードリンク

カレーをより美味しく食べるために「玉ねぎのアチャール」作ってみた

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

カレーをより美味しく食べるために「新タマネギのアチャール」作ってみた

アチャールのことを知ったのは最近のことです。インドにおける漬物のような存在‥‥と理解しています。

アチャールを初めて食べたのは東新宿のカレーの名店「サンラサー」でした。ホタテとか鶏モツとか長芋とか、色々な種類があります。

そしてこのアチャールとカレーの相乗効果による美味さが抜群で「サンラサー」のカレーに欠かせない存在だなって思ったんです。

だから、通販で購入したカレーを食べるときに、ぜひともアチャールがあるといいなと思い、手始めに手軽に作れそうな「玉ねぎのアチャール」に挑戦してみました!

スポンサードリンク

「玉ねぎのアチャール」のレシピ

玉ねぎのアチャールのレシピを検索すると、色々と出てきます。漬物のような存在なので、それぞれの家庭にそれぞれの味があるのだと思います。

「玉ねぎのアチャール」レシピ 1

とりあえず、家にあるものを使って作ってみることにしました。用意したのは以下の通りです。

・新タマネギ
・オリーブオイル
・レモン果汁
・酢
・塩
・砂糖
・麻辣醤

スーパーに行ったら「マリネ、サラダに」と書いてあったので、なんとなく玉ねぎではなく新タマネギにしてみました。新タマネギでなく、玉ねぎでも良いです。お好みでどうぞ!

「玉ねぎのアチャール」レシピ 2

レシピによっては、玉ねぎ、一味唐辛子、レモン果汁、塩くらいのものもありますが、ペッパーを入れるというレシピがあって、ピリ辛も良いなと思ったので手元にあった麻辣醤を入れてみました。

鷹の爪や一味唐辛子があれば、それでも良いかも。

自分で作って食べてみて分かりましたが、要するに味は甘酸っぱくてピリ辛って感じです!

玉ねぎ以外のものを混ぜる

まずは玉ねぎ以外のものを混ぜます。

「玉ねぎのアチャール」レシピ 3

分量は適当‥‥です。ズボラレシピということでご容赦を。だいたい汁っぽいものは大さじ1〜2杯くらい、それ以外は小さじ1〜2杯くらいですかね。

玉ねぎも混ぜる

「玉ねぎのアチャール」レシピ 4

そこに細めにカットした新タマネギを投入します。玉ねぎだと1個というレシピが多いのですが、この新タマネギは大きめなので半分にカットしています。

「玉ねぎのアチャール」レシピ 5

ガッシャガッシャと混ぜます!

タッパーに入れる

「玉ねぎのアチャール」レシピ 6

混ぜたものをタッパーに入れます!

そして冷蔵庫でひと晩、寝かせます。

「新タマネギのアチャール」のひと晩後

一晩が経過し、冷蔵庫から「新タマネギのアチャール」を取り出してみました。

「玉ねぎのアチャール」レシピ 7

前日よりしんなりとした感じでしょうか? 水分がけっこう出ています。

それでは「サンラサー」のキーマカレーと一緒に食べてみましょう!

「玉ねぎのアチャール」レシピ 8

いきなりの盛りつけ。右手前に自家製の「新タマネギのアチャール」を盛り付けてみました。

それではカレーと一緒にひと口‥‥おおーっ!

自画自賛しちゃうけど、美味しい!

麻辣醤のピリ辛に、オリーブオイル、酢に砂糖で甘酸っぱくてカレーの良い相棒になっている気がする! 新タマネギ特有の柔らかさ、甘さみたいなのも良いですねぇ。

もっと味が濃くても良いと思ったので、次回はもう少し酢と砂糖を多めにしてみようかと思います。

それにしても、切って漬け込んだだけなのに、こんなに美味しいものができてしまうなんて‥‥えらいぞ、新タマネギ! という気持ちです。

「新タマネギのアチャール」のふた晩後

「玉ねぎのアチャール」レシピ 81

よりいっそう、しんなりと汁を吸った状態になりました。柔らかくて味も染みてて、酢がけっこう入っているのでサラダみたいにサクサクと食べられます。

作って数時間後もフレッシュな美味しさがあるけれど、2〜3日くらいしてから食べる短期熟成感もまた良い感じです。

カレーには福神漬とかラッキョウがある

漬物というと箸休めという意味合いで取られることが多いかもしれませんが「サンラサー」で食べたカレーとアチャールは、ごちゃりとして一緒に食べると得も言われぬ相乗効果があったのです。

口の中で違う味と味がハーモニーを奏でていく感じ‥‥これは日本のカレーでも福神漬やラッキョウを添えますが、まさにああいう感じでもあると思います。

「玉ねぎのアチャール」レシピ 9

今回はテイクアウトした牛丼についていた紅生姜を彩りとしてのせてみたのですが、これも合います! さっぱりとして美味しい〜〜〜。

「東新宿サンラサー」通販サイトを開始!納豆と角煮とチーズはオジさん向け茶色系アレンジレシピという記事でも書きましたが、チーズも定番になりました。

これまでに、

・豚角煮
・チーズ
・納豆
・とんかつ

を「サンラサー」のカレーと一緒に食べてきたのですが、ここに野菜のアチャールが加わると、味わいの幅が広がるなぁ、なんて自分で喜んでいます。

納豆と「玉ねぎのアチャール」も間違いなく美味しいはず!!!

と、こんなふうに様々な食材を自由自在に受け止めるキーマカレーを作り、それをオンラインストアでも購入できるようにしてくれたサンラサー店主のまりこさんにも感謝です!

実は「玉ねぎのアチャールって合いますかね?」と相談したら「合う!」と、背中を押して頂きました。こちらも感謝。

ご飯のおかずにあと一品という時にも「玉ねぎのアチャール」は手軽に作れて簡単・便利だと思います。ぜひお試しくださいね!

東新宿サンラサー・オンラインストア

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

3分では作れない「1/1カップヌードルプラモデル」9月18日より発売開始

次へ

【Amazon Music Unlimited】新規登録で3ヶ月無料で音楽聴き放題キャンペーン実施中(6/16まで)