スポンサードリンク

B級フード研究家ノジマ氏がカップ麺オブ・ザ・イヤー2019に選んだ「QTTA サワークリームオニオン味」食べてみた!

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

B級フード研究家ノジマ氏がカップ麺オブ・ザ・イヤー2019に選んだ「QTTA サワークリームオニオン味」食べてみた!

そうか「QTTA(クッタ)」ってカップ麺だったんですね。

2019年も50種類くらいカップ麺を食べていますが、ついぞ「QTTA」に手を伸ばしたことがありませんでした。「QTTA」は「QTTA」という食べ物で、カップ麺というイメージがなかったのです。

でも、B級フード研究家ノジマ氏がカップ麺オブ・ザ・イヤー2019として「QTTA サワークリームオニオン味」を選んでいたので、がぜん興味が湧いてきて食べてみました!

スポンサードリンク

「QTTA サワークリームオニオン味」食べてみた

「QTTA サワークリームオニオン味」1

よく言えばちょっとオシャレなパッケージ。悪く言うと、オジさんが手に取りにくいカップ麺のパッケージ。世代的に対象ではないのかもしれませんが。

オシャレなスープパスタくらいの感覚で「QTTA」を眺めていたように思います。

「QTTA サワークリームオニオン味」2

蓋を開けるとレミオロメンの粉雪が聞こえてきそうな一面の白さ。けっこう大きめのしっかり具材はポテトなんです。大きなポテトが具材のカップ麺なんて初めて。

「QTTA サワークリームオニオン味」3

お湯をいれて3分待ちます。

「QTTA サワークリームオニオン味」4

3分後。もう少しお湯を入れても良かったかなと思うくらいに、麺や具材がお湯を吸っています。ポテトがゴロゴロしているのも分かりますよね。すごいポテト。

「QTTA サワークリームオニオン味」5

スープを飲んでみると‥‥オニオンスープだわ、これ‥‥やっぱり普通のカップ麺とちょっと違うんですよ。醤油味とか味噌味とかとんこつ味ではなく、オニオンスープ味です。しかもこってりと濃厚。あの粉粉が濃厚でとろんとしたスープになりました。

麺はいわゆるカップ麺の麺というか、カップラーメン用の縮れ系平打ち麺。これがたっぷりとスープをまとって食べられてグッド。

昨今のカップ麺の傾向として、リアルなラーメン店の対抗できるような美味しさを追求しているカップ麺と、一方でカップヌードルのように、カップ麺ならでは味わいのものがあると思っているのですが「QTTA」はまさに後者です。

もしかするとポタージュ系のラーメン(食べたことない)と似ているのかもしれませんが、濃厚なオニオンスープで食べる方向性というのは、まさにカップ麺らしさの一つだと思います。

美味さでいえば他にもいろいろなカップ麺がありますが、カップ麺らしいカップ麺をカップ麺オブ・ザ・イヤー2019に選んだ、さすがノジマ氏! と思いました。

ちなみに、ぼくが選んだのは福島県二本松市の麺処 若武者監修「特濃旨辛 鶏台湾」でした。これは美味しさを追求しつつ、でもカップ麺らしい逸品かな、と思います。

まだ「QTTA サワークリームオニオン味」を食べたことがな人はぜひどうぞ。はー、これもカップ麺かー、となること間違いなし、です!

「QTTA サワークリームオニオン味」のカロリーと炭水化物

「QTTA サワークリームオニオン味」6

「QTTA サワークリームオニオン味」のカロリーは393kcal、炭水化物54.2gです。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

「スカイクマーク」2020年増便キャンペーンで国内4路線で片道2,020円のスカイセールを実施(2/20まで)

次へ

Apple、iPhone需要が回復して2020年第1四半期(10~12月)決算が過去最高の増収増益に