諫山創「進撃の巨人(12)」読んだ

4063949761

遅ればせながら、諫山創「進撃の巨人(12)」読みました。読書メモ。

超大型巨人と鎧の巨人の正体が発覚。エレンとユミルは、彼らに連れ去られてしまう。二人を奪還すべく調査兵団が動き始めるが、エレンとユミルの間に亀裂が走り……!! かつて苦楽を共にした104期の仲間達が、敵味方にわかれて戦うことに!

少しずつ巨人の謎が明らかになりつつも、まだまだ分からないことが多し。同時に単行本が発売されることの多い「テラフォーマーズ」と、内容がシンクロしているような部分も。敵なのか、味方なのか、みたいな。

しかし「座標」とは‥‥なんとなく、分かるけれども‥‥。

Kindle版もあります。

進撃の巨人(12) (講談社コミックス)

諫山 創 講談社 2013-12-09
売り上げランキング :

by ヨメレバ

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数