スポンサードリンク

「漫画サンデー」休刊へ

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

2013 01 09 1833

実業之日本社のマンガ雑誌「漫画サンデー」が、2013年2月19日発売号を持って休刊することが明らかになりました。漫画サンデー:54年の歴史に幕 2月休刊へという記事になっていました。

スポンサードリンク

「静かなるドン」などのヒット作を生み出した実業之日本社のマンガ誌「漫画サンデー」が2月19日発売の第5号、通巻2795号で休刊することが8日、明らかになった。

創刊から54年ということで、マンガ雑誌としては非常に歴史があります。1959年創刊です。

「コミックスと雑誌の両輪でやってきたが、読者層の高齢化が進み、コミックスを買わなくなったのが大きい」というのが、休刊の理由だそうです。

多くの作品は最終号で完結するものの、未完の作品はウェブでの継続を検討しているようです。

自分が愛読している雑誌がなくなるというのは、けっこうショックですよね。人生の歩みと共に読んでいる場合もありますからね。

個人的には「ミスターマガジン」の休刊はショックだったなぁ。

これまでネタフルで取り上げてきた休刊ネタです。

小学館の幼児誌「マミイ」休刊へ「読売ウイークリー」休刊へ小学館「ラピタ」「Latta」休刊へ「南日本新聞」夕刊休刊へ「コミックチャージ」2年で休刊へ「ヤングサンデー」休刊を検討中「主婦の友」休刊へ「千葉ウォーカー」休刊「ぱど」週刊→隔週刊へ「知恵蔵」休刊「エルマガジン」休刊へ映画雑誌「ロードショー」休刊へ「LOGiN」休刊へ「コミックヨシモト」休刊ギャル向け女性誌「Cawaii!」休刊へ「コミックボンボン」休刊へ「月刊少年ジャンプ」休刊へ「ヤングサンデー」休刊を正式発表「インターネットマガジン」が休刊に「週刊ゴング」休刊へ無料マンガ「コミック・ガンボ」休刊「ダカーポ」休刊へ「NIKITA」休刊へ「薔薇族」が休刊「Hotwired Japan」が3月末で休刊「STUDIO VOICE」休刊へ「マリ・クレール」休刊「フォーブス日本版」休刊へ「Hanako WEST」休刊へ求人誌「ガテン」休刊へ「PINKY」休刊へ小学館「sabra」休刊へ小学館「ChuChu」休刊へ「小学五年生」「小学六年生」が休刊学研「科学」「学習」休刊へ「ネトラン」休刊二玄社のクルマ雑誌「NAVI」休刊へ「格闘技通信」休刊「TOKYO1週間」「KANSAI1週間」休刊へ音楽誌「アドリブ」休刊へ「スコラ」休刊「スイングジャーナル」休刊「コミックバンチ」休刊「ぴあ関西版」休刊へ「日本繊維新聞」休刊 → 営業停止に「ぴあ」首都圏版、休刊へ「山形新聞」夕刊が休刊に小学館「PS」休刊へ「小学三年生」「小学四年生」が休刊

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

ガイナーレ鳥取、岡野雅行との契約更新を発表

次へ

「Zynga」11タイトルのゲームの閉鎖を発表