スポンサードリンク

“ピエール中野チューニング”の「有線ピヤホン2」をClubhouse用に購入したつもりが音楽を聴くのにもメタメタ良かった(当たり前)

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

ピエール中野チューニングの「有線ピヤホン2」をClubhouse用に購入したつもりが音楽を聴くのにもメタメタ良かった(当たり前) 09

主に「Clubhouse」を聴いている側のときはイヤホンやマイクに全くこだわりはなかったのですが、配信側のお手伝いをするようになると、コンデンサーマイクを購入したり、EarPodsやスピーカーを引っ張り出してくるなど、いくつか機材を揃えることに興味が湧いてきました。

そうした中で、聴いて話すことを考えたときに新しいマイク付きイヤホンを試してみたくなり、友人の武者さんとヤガーに評判の良かった「ALPEX Hi-Unit HSE-A2000PN」という有線イヤホンを購入してみました!

スポンサードリンク

ザ・ピエール中野チューニングモデル

ピエール中野チューニングの「有線ピヤホン2」をClubhouse用に購入したつもりが音楽を聴くのにもメタメタ良かった(当たり前) 01

「ALPEX Hi-Unit HSE-A2000PN」は、バンド「凛として時雨」のドラマーであるピエール中野氏がチューニングを手掛けていることで話題の有線イヤホンです。「有線ピヤホン2」とも呼ばれています。

ウェブ会議などで利用するために「マイク付きの有線ピヤホンが欲しい」というユーザーの声に応え誕生したのが、リモコンマイクが追加された「有線ピヤホン2」なのだそう。

ピエール中野チューニングの「有線ピヤホン2」をClubhouse用に購入したつもりが音楽を聴くのにもメタメタ良かった(当たり前) 06

価格も3,600円とお手頃価格で、有線イヤホンを探していた人にはズッキュンなモデルだと思います。

なおLightningに接続するには、変換アダプターが必要になります。

こちら1,000円くらいです。変換アダプターを含めても5,000円しない!

今どきはBluetoothの方が便利だよという人が多いとは思いますが、武者さんのレビューにもあるように「声の滑らかさがグッと高まるマイクつき有線イヤホン」として使うなら「有線ピヤホン2」のような選択肢は大いにありです。

初期のClubhouseブームも一段落した感はありますが、良い音で喋ったり聴いたりをしたい人にはコスパ的にも断然オススメです。

音の比較に関しては、ヤガーの動画が参考になります。

EarPodsと「有線ピヤホン2」の音質が比較されています。ヤガー曰く「音圧が高い」ということですが、素人の耳にも音の輪郭がしっかりしている感じがします。

PCやMacとの接続なら3.5mmジャックが普通に使えると思いますので、まさにウェブ会議をする人にもオススメなのではないかと思います。

で、当たり前なのですが、音楽を聴くのにも最高です。Clubhouse用にと思いつつ購入したので、テストで音楽を再生したときに全くの想定外で衝撃を受けてしまいました。

ピエール中野チューニングの「有線ピヤホン2」をClubhouse用に購入したつもりが音楽を聴くのにもメタメタ良かった(当たり前) 08

当たり前ですよ。だってオンライン会議に「も」使えるイヤホンであって、元々は良い音質で音楽を聴くために、プロミュージシャンのピエール中野さんがチューニングしているイヤホンなんですから。

ピエール中野チューニングの「有線ピヤホン2」をClubhouse用に購入したつもりが音楽を聴くのにもメタメタ良かった(当たり前) 04

低音がしっかり聴こえて、音の輪郭がくっきりしているというのがぼくの印象です。安っぽい言い方になってしまいますが、ズンズンきます。これで3,600円なのかぁぁぁ、というのは、やはり驚きでしたね。

ピエール中野チューニングの「有線ピヤホン2」をClubhouse用に購入したつもりが音楽を聴くのにもメタメタ良かった(当たり前) 11

幸いなことにClubhouse用にiPod touchを購入したこともあり、3.5mmイヤホンジャックで「有線ピヤホン2」も接続しやすいです!

iPod touchはClubhouse専用機にするつもりでいたのですが「有線ピヤホン2」でいつでも音楽が聴けるように、Amazonミュージックをインストールしておきました。ストリーミングなら本体容量32GBでも無問題ですし。

ピエール中野チューニングの「有線ピヤホン2」をClubhouse用に購入したつもりが音楽を聴くのにもメタメタ良かった(当たり前) 13

ということで、いくつかのきっかけが重なって購入することになった「有線ピヤホン2」ですが、とても満足度の高い買い物となりました。

Bluetoothイヤホンか有線イヤホンかといったら、有線のほうが充電する必要がないのがメリットだと思っています。個人的にはイヤホンの使用頻度はそんなに高くないので、いざ使いたいというときに充電切れしていることが多くて。

いつでも使えるマイク付きイヤホンとして、オンライン会議やClubhouseに、そして当然ですが音楽のリスニングにも超オススメです! これは買って良かった!

※カラーバリエーションはガンメタとピンクがあります。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

ドトール&mozロゴがかわいい真空断熱タンブラーBOOKが届いたのでコーヒーを淹れてみた

次へ

自宅で本格的な生ビールが呑める「キリン ホームタップ」の新CM「登場篇」「最初の一杯篇」2月22日より放映開始