スポンサードリンク

Clubhouseの音楽配信に「iRig 2」が使えることを確認

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

Irig2 iphone clubhouse 202101

Clubhouseで音楽配信するには「iRig 2」があると良い?という記事を書きましたが、深夜に「iRig 2」を所有している友人と検証した結果、無事に使えることを確認しました!

スポンサードリンク

シンセサイザーやマイクの音を「Clubhouse」のミュージックモードで配信するには「iRig 2」が使えます。

ミュージックモードではない普通のトークモードだと、圧縮の関係だと思いますが、音がうねうねとしてしまいます。「iRig 2」からケーブルを挿すと「switch to music mode?」と聞かれて、ミュージックモードにすることができます。

音の流れとしてはこんな感じです。

シンセサイザー>iRig 2>iPhone

ただし、この状態だと再生している音のモニターができないそうで、iPhoneでバックグラウンドで動作するアプリを使って、音を返す必要があるそうです。

GarageBandだとうまくいかず「AmpliTube」というアプリを使うと次のようになって「iRig 2」経由で音をモニターすることができました。

シンセサイザー>iRig 2>iPhone>AmpliTube>Clubhouse

ただし「AmpliTube」だとサーというノイズが乗ってしまったので、モニターするにはさらなる工夫が必要そうです。

追記:朝になってGarageBandも使えたと連絡がきました。もしかしたら接触など何かあったかもしれません。

とりあえず「iRig 2」が使えたというご報告でした。

「Clubhouse」で弾き語りをしたいとか、自作の曲を流したいという人は「iRig 2」があると良さそうです。

Amazonだと「iRig 2」は5,300円くらいで販売中です。

動画解説はこれが分かりやすかったです。

※友人の手元環境ではうまくいっていますが、自己責任でお試しください。

追記:「iRig 2」とiPhoneを繋ぐケーブルはApple純正のものです。

Clubhouse: Drop-in audio chat

Clubhouse: Drop-in audio chat

Alpha Exploration Co.無料posted withアプリーチ

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

USBで給電するダイソーの500円加湿器を試してみた(円柱型)

次へ

「Mac整備済製品」MacBook Pro・MacBook Air・Mac mini・Mac Pro【2021年1月29日】