ダイハツの新型軽クロスオーバー「タフト(TAFT)」月販目標台数の4.5倍となる約18,000台を受注と発表

ダイハツの新型軽クロスオーバー「タフト(TAFT)」月販目標台数の4.5倍となる約18,000台を受注と発表

ダイハツが2020年6月10日に発売開始した新型軽クロスオーバー「タフト(TAFT)」が、月販目標台数4,000台の4.5倍となる約18,000台を受注したと発表しています。

「タフト」は「日常からレジャーシーンまで大活躍、毎日を楽しくしてくれる頼れる相棒」をコンセプトに開発された、軽クロスオーバーです。

SUVらしいタフさや力強さを表現するデザインや、大きなガラスルーフ「スカイフィールトップ」が特徴となっています。

ダイハツの新型軽クロスオーバー「タフト(TAFT)」月販目標台数の4.5倍となる約18,000台を受注と発表

ライバル車はスズキの「ハスラー」や「ジムニー」になると思いますが、うまいこと「タフト」もハマって大人気となっているようですね。

受注の傾向として、

・性別、年代問わず幅広い層から好評

・ボディカラーは新色3色が好評(レイクブルーメタリック、フォレストカーキメタリック、サンドベージュメタリック)

・約半数が「メッキパック(ディーラーオプション)」を装着

といったことが挙げられるそうです。

スクエアなデザイン、ガラスルーフ「スカイフィールトップ」などが好評とのことです。

個人的にもクロスオーバーでスクエアなSUVというのは昔から好きで、かつてはクロスポロだったり、ちょっと違いますがラパンSSだったり、そういうのに乗っていました。

だから「ジムニー」も「ハスラー」も「タフト」も気になりますが、もし本当に自分で購入するなら「クロスビー」かなぁ‥‥なんて妄想したりしています。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数