日産が東京モーターショーでEVのSUV「アリア」とEV軽自動車「IMk」を発表したけれどより世界にインパクトを与えそうなのは? #日産あんばさだー

日産が東京モーターショーでEVのSUV「アリア」とEV軽自動車「IMk」を発表したけれどより世界にインパクトを与えそうなのは? #日産あんばさだー

2019年10月24日より開幕する「東京モーターショー2019」のプレスデイ取材してきました!

今回の東京モーターショーのテーマは「OPEN FUTURE」。各社が発表したコンセプトカーを見ていると、ぼくが物心ついてから40年近く見てきたクルマのステージが、一つ上がっていくような感覚を覚えました。

しっかりと、クルマの新しい未来は開かれそうです!

日産はEVベースのSUV「ARIYA」と軽自動車「IMk」を発表

東京モーターショー・日産ブース 1

「リーフ」で電気自動車、EVの先頭を突っ走る日産がコンセプトカーとして発表したのが「ニッサン アリア(ARIYA) コンセプト」と「ニッサン IMk」です。

東京モーターショー・日産ブース 2

「ARIYA(アリア)」は、電気自動車(EV)のクロスオーバーコンセプトカーです。ツインモーターを搭載することで、4輪が駆動します。モーターのため、左右のタイヤをコントロールし、高次元の操作が可能になっていると聞きました。

東京モーターショー・日産ブース 3

車体下部には大きめのバッテリーを搭載しているはずですが、SUVなので高めの車高になっても気にならないでしょう。その分、車内空間も確保されているはずです。

「プロパイロット2.0」も採用し、運転も極めて安心、安全に。運転もしやすく、技術で見守られるようなクルマが増えると、事故も減るのだろうな‥‥と感じました。

登壇したグローバルデザイン担当専務執行役員であるアルフォンソ・アルバイサ氏は、EVになることでデザインの自由度も高まっているため、デザイナーも革新を求められている‥‥という趣旨の話をしていました。

もう一つの発表が、軽自動車規格のEV「ニッサン IMk」です。

東京モーターショー・日産ブース 4

「リーフ」がこれだけ売れているのだから、他のカテゴリーにも広がっていくのは極めて自然なことだと思いますが、軽自動車という日本独特の規格にEVが搭載される‥‥というのは、ちょっと予想外でした。

しかし、むしろEVこそ軽自動車に搭載されるべき、という気持ちもあります。

東京モーターショー・日産ブース 5

というのも、この春から父が「リーフ」に乗り換えをし、身近なところでEVの活用を目の当たりにしているからなのです。

山歩きが趣味で、以前はSUVに乗っていたのですが、自分で思っていたほどには遠出をしないことに父は気づきました。遠くまでドライブしたとしても、群馬の生家まで片道150kmほど。そこに新しもの好きの血が騒ぎ「試してみるか」と「リーフ」購入に至ったわけです。

自宅でも充電ができた方が便利だろうとEV用に電源も戸外に新設したのですが、あれから半年、実は自宅で充電したのは1回だけなのです。

月額2,000円程度の定額で充電スポットが使い放題のため、外出の折にたまに充電スポットに立ち寄り、充電する生活で事足りしてしまっていると言います。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数