アメリカでは2018年から4.5トン以下のクルマにバックモニターを義務化

B00AFRMC18

ぼくもクルマにはバックモニターを突けてけば良かったな、今からでも付けようかな、と思っているのですが、アメリカでは2018年から4.5トン以下のクルマに義務化されるそうです。車両後方カメラ、義務化へ:米国ではバック時の事故で毎年210人が亡くなっているという記事になっていました。

この新規則はバック時の事故による被害低減を目的とするもので、後方確認用カメラは、約3×約6メートルの範囲が視界に入るものでなければならない。「画像サイズ、画像表示時間、反応時間、耐久性、機能停止」など、仕様に関する必要条件も盛り込まれる見込みだ。

もともと2008年に当時のブッシュ大統領によって署名されたもので、延期されていたそうです。

記事によると、報道当時はバックする車両に轢かれる子供は週に50人もいたそうで、1人か2人の子供が亡くなっていたそうです。バックモニターが義務化されれば、こうしたバック時の事故は大きく減らすことができます。

日本でもクルマの死角をなくすために、バックモニターを義務化しても良いのかもしれませんね。

配線が面倒かと思いきや、最近はワイヤレスのバックモニターもあるのですね。

有線・無線12~24V両方対応 ワイヤレス 7インチモニター+ワイヤレス暗視カメラ バックカメラ 12V/24V 兼用 トラック、バス、重機等対応 VM-OMTSET75

B00FXNPJ50

バックモニターを接続可能なルームミラー型モニターとか、ユニークな製品もあるのですね。

日立製液晶*10.2インチバックミラーモニター、ルームミラーモニター【B3102】

B003U3LJ72

ABOUT US

コグレマサト
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数