【はたらくクルマ】リーフの再生バッテリーを使用した三輪スポーツカー「eFalcon」 #日産あんばさだー

日産あんばさだー eFalcon 24000

日産が実施する「はたらくクルマ」というメディア向けのイベントに参加しました。足かけ3年、3回目の実施となります(2020年の記事 → 「プロの要求に応えるのは面白い」はたらくクルマ参加レポート)。

再生バッテリー使用の三輪スポーツカー「eFalcon」

リーフに搭載されていたリチウムイオンバッテリーはどうなるのか? という一つの回答が、再生して他のクルマで再利用されるという道でしょう。働くリーフのバッテリー。

ということで、リーフの再生バッテリーを使用した三輪スポーツカー「eFalcon(イーファルコン)」です。

日産あんばさだー eFalcon 24002

ぴょこんと飛び出したフロントライトの顔が印象的な三輪スポーツカー「eFalcon」は、リーフのリユースリチウムイオンバッテリーを使用したポータブルバッテリーを開発するコアテックの車両です。

開発型の企業としてクルマも作ってみたい、環境負荷低減に世界が舵を切っているため、電気自動車を開発しようということになったのだとか。

日産あんばさだー eFalcon 24004

見た目からも分かるように、優先したのは「乗って楽しい」ということで、2人のeスポーツカーとなっています。

日産あんばさだー eFalcon 24013

しかも三輪なのです!

日産あんばさだー eFalcon 24008

後輪が一つ。ぶっといタイヤが採用されています。

日産あんばさだー eFalcon 24009

この後ろ姿をみると、カラーリングといい、どうしてもAKIRAの金田鉄雄バイクを想起してしまいますね。

日産あんばさだー eFalcon 24010

後輪の横に充電の口があります。

日産あんばさだー eFalcon 24007

あくまでもクルマではなくトライクということで、ハンドルがバーとか、シートはバイクのものとか、足元が開いているといった制約があるのだとか。サイズも2500 x 1300ぴったりに収まるようになっているそうです。

日産あんばさだー eFalcon 24005

実はクルマのように見えて、法律的にはバイクのカテゴリーなのですね。250ccバイクのような仕様で、車検もありません。

日産あんばさだー eFalcon 24011

コントロールはボタンになっています。急にバックに入れても減速して止まってからバックする‥‥というような、一見すると危険そうなテストも、もちろんしっかりと行われていると聞きました。

スペックとしては最高出力が35kW、最高スピードは80km/h、航続距離は280kmです。定員は2名。車体重量は485kgです。

これで海岸線とか走ったら気持ちよさそうですよねぇ。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数