ヤフーとLINEが経営統合のために交渉していると報じられる → 両社とも協議を認める

ヤフーとLINEが経営統合のために交渉していると報じられる → 両社とも協議を認める

現在のPayの状況を見るに、ヤフーとLINEが経営統合するのではないか、もしくはヤフーがLINEを買収するのではないか、という趣旨の話はあったのですが、どうやら具体的に交渉が進んでいるのが観測されたようです。ヤフーとLINE、経営統合へ交渉 海外サービスに対抗という記事になっていました。

インターネット検索サービス「ヤフー」を展開するZ(ゼット)ホールディングス(HD)と、無料通信アプリ大手のLINE(ライン)が経営統合に向けて交渉していることがわかった。

ヤフーとLINEが経営統合の報

ヤフーはLINEのメッセンジャーが欲しい、LINEからしてみればヤフオクやヤフーショッピング、さらには検索は魅力的でしょう。最近では若者はヤフトピではなくLINEニュースを読んでいるという調査結果が話題となり、ここも相互に補完関係を築くことができます。

Payに関してもPayPayが一人勝ち状態になり、ここにLINE Payが加われば圧勝です。LINE Payのキャンペーン攻勢が夏くらいから落ち着いていたのですが、こうした交渉が影響していたのかもしれません。

LINEの利用者は約8千万人、ZHDのサービスの利用者は約5千万人に上る。統合が実現すれば、SNSや検索、ニュースメディア、ネット通販(EC)、金融などを手がける1億人規模の国内トップのITサービスが誕生する。

ヤフーではなくLINEブランドであれば、日本から世界に打って出るにも良いでしょう。「GAFA」対抗になれるでしょうか?

関係者によると、ZHDの親会社の携帯電話大手ソフトバンク(SB)と、LINEの筆頭株主のネイバー(韓国)が50%ずつを出資して新会社を設立し、新会社がZHD(東証1部上場)に出資して筆頭株主となる。

Zホールディングスの下に、事業会社のヤフーとLINEがぶら下がる統合案が浮上しているそうです。ネイバーが50%出資すると、半分は韓国資本なのでは、という気もしますが。