ホリエモン逮捕でどうなるライブドア

堀江社長を含めたライブドア幹部4人が逮捕されました。堀江社長本人は、まさかここまで重大な事態にはならないだろうと思っていたのではないかと思うのですが、同じ年で同じIT業界に身を置く人間として、非常に寂しいニュースでした。

ホリエモンを証取法違反容疑で逮捕

ライブドアグループの証券取引法違反事件で、東京地検特捜部は23日、同法違反容疑で堀江貴文容疑者(33)ら4人を逮捕した。

パトカーに先導されたクルマに乗せられたホリエモンが首都高を通り、小菅の拘置所へ移送される場面はテレビ局が生中継。あの中に、ホリエモンがいるんですね、と。

今は株も持っていないし、直接会ったこともないし、何か関係があった訳ではありませんが、風の噂ではネタフルを読んでくれていると聞いたこともあったし、同じ世代でもあったので、ひそかに応援はしていたのです。それだけに、今回の逮捕は非常に残念に思いました。

何らかの罪を償い、再びIT業界に返り咲くことはあるのでしょうか。

そしてやはり気になるのはライブドアのことです。たくさんの社員がいる訳で、いま彼らが最も不安かもしれません。外資が買収するなんていう話も出てきますし、何を信じていいのか分からない時でもあるのではないでしょうか。まずは落ち着き、よく状況を見極めるのが最善ですね。

ということで、関連記事を集めてみました。

■関連記事

ライブドア、経営の重大局面へ

東京証券取引所はライブドアと関連会社ライブドアマーケティングの株式を、上場廃止基準に抵触するかどうか審査する「監理ポスト」に同日付で移管すると発表した。

ホリエモン逮捕で帝国崩壊 “無一文”も

グループトップの一斉逮捕が、ライブドアの崩壊に直結するのは必至。疑いが持たれている風説の流布などは上場規則に違反。上場廃止になれば同社は事実上、倒産する可能性もある。

ライブ 外資に切り売りで“消滅”も

ターゲットとなるのは、下着や生活雑貨の通販大手セシール、グループ全体の収入の約6割を占めるライブドア証券など。「ライブドアそのものはいらないが、おいしいところだけ買いたいという買収者は多い。強制捜査後、既に調査に動き出している企業、投資ファンドもある」

堀江容疑者 最強弁護団結成

日大大学院法務研究科の板倉宏教授は「元検事に加えて、企業法務や証券など、経済事案に精通した腕利き弁護士も複数、名前を連ねているはずだ。検察の捜査に強い弁護士と経済の専門家がタッグを組み、多角的に法廷戦略を練っていくためだ」

ライブドア株下落でフジの含み損100億円

フジはライブドアと株式を07年9月末まで保有し続ける契約を結んでいるが「不法行為があった場合には解除できる」(フジ幹部)としている。

フジ “負の連鎖”株主が怖い