イオン、キャンドゥ子会社化で1.7倍の2,000店舗へ

Cando015 1300

イオンがTOB(株式の公開買い付け)を行い、株式の51%を取得し子会社にした100円ショップ「キャンドゥ」の事業戦略を発表したそうです。百均キャンドゥ、2000店へ グループ内で積極展開―イオンという記事になっていました。

イオングループのショッピングモールや総合・食品スーパーなど約450カ所に出店。店舗の総数を昨年11月末時点の1180店から、5年で1.7倍の2000店に増やす。

ショッピングモールやスーパーマーケットに100円ショップがあると必ず立ち寄ってしまいますし、イオングループと「キャンドゥ」の親和性が高いのは言わずもがなですが、5年で1.7倍の2,000店舗に増やすというのは大きな数字です。

近隣のイオンだと「ダイソー」が入っているのですが、今後の関係性が気になります。社長は次のようにコメントしています。

今後はキャンドゥを「優先的に考える」と表明。「ダイソー」や「セリア」など他社店舗は「全て排除して置き換えるという発想ではない」と語った。

そうはいっても、新店舗を出すなら「キャンドゥ」が優先でしょうし、契約を更新せずに「キャンドゥ」に入れ替えるというのは普通にありそうです。

イオン系のショッピングモールやスーパーマーケットに入れないとなると、100円ショップにとってもなかなかの痛手になりそうですが。

関連記事

イオンがキャンドゥ子会社化 5年間で800店超出店へ

イオンの傘下に入ることで、出店や設備の管理コスト削減につながるほか、商品の共同開発なども行うとしていて、キャンドゥの売上高を5年間で7割増やし、1,250億円を目指すとしている。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数