スポンサードリンク

「小学二年生」休刊 〜残るは「小学一年生」のみに

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

B01LDFK53W

小学館の「小学二年生」が、2016年12月発売の2017年2・3月合併号で休刊することが明らかになりました。既に「小学三年生」から「小学六年生」は休刊しており、残るのは「小学一年生」のみとなります。「小学二年生」が休刊へ 看板雑誌「小学一年生」だけにという記事になっていました。

小学館は、同社創立の1922(大正11)年に「小学五年生」と「小学六年生」を創刊。学年別学習雑誌の先駆けで、25年までに「小学一年生」から「小学四年生」までが相次いで刊行された。

スポンサードリンク

「創業以来の基幹事業」とされてきた、小学生向けの学年誌ですが、ついに「小学一年生」を残すのみとなってしまいます。

小学一年生くらいまでは親が本を買い与えるにあたり、なんとなく小学館の「小学一年生」が安心感があったりしますが、その先は子供が自分では選ばなかったり、やはりタブレットを見て本を読まなくなっていたり、他にも本があったり、環境も変わっているのでしょう。

ぼくが子供の頃は、子供が読む雑誌は小学館の学年誌とコロコロコミックなどで、あまり種類がなかったように覚えてますね。

これまでネタフルで取り上げてきた休刊ネタです。

小学館の幼児誌「マミイ」休刊へ「読売ウイークリー」休刊へ小学館「ラピタ」「Latta」休刊へ「南日本新聞」夕刊休刊へ「コミックチャージ」2年で休刊へ「ヤングサンデー」休刊を検討中「主婦の友」休刊へ「千葉ウォーカー」休刊「ぱど」週刊→隔週刊へ「知恵蔵」休刊「エルマガジン」休刊へ映画雑誌「ロードショー」休刊へ「LOGiN」休刊へ「コミックヨシモト」休刊ギャル向け女性誌「Cawaii!」休刊へ「コミックボンボン」休刊へ「月刊少年ジャンプ」休刊へ「ヤングサンデー」休刊を正式発表「インターネットマガジン」が休刊に「週刊ゴング」休刊へ無料マンガ「コミック・ガンボ」休刊「ダカーポ」休刊へ「NIKITA」休刊へ「薔薇族」が休刊「Hotwired Japan」が3月末で休刊「STUDIO VOICE」休刊へ「マリ・クレール」休刊「フォーブス日本版」休刊へ「Hanako WEST」休刊へ求人誌「ガテン」休刊へ「PINKY」休刊へ小学館「sabra」休刊へ小学館「ChuChu」休刊へ「小学五年生」「小学六年生」が休刊学研「科学」「学習」休刊へ「ネトラン」休刊二玄社のクルマ雑誌「NAVI」休刊へ「格闘技通信」休刊「TOKYO1週間」「KANSAI1週間」休刊へ音楽誌「アドリブ」休刊へ「スコラ」休刊「スイングジャーナル」休刊「コミックバンチ」休刊「ぴあ関西版」休刊へ「日本繊維新聞」休刊 → 営業停止に「ぴあ」首都圏版、休刊へ「山形新聞」夕刊が休刊に小学館「PS」休刊へ「小学三年生」「小学四年生」が休刊「漫画サンデー」休刊へ「BestGear(ベストギア)」8月発売号で休刊「すてきな奥さん」休刊へ「MacPeople」休刊へ1974年創刊「宝島」休刊「AneCan」12月号で休刊へ

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

単3アルカリ乾電池48本が690円!Amazonが激安過ぎる乾電池50%オフセールを開催中

次へ

レモン好き集まれ〜「一平ちゃん夜店の焼そば 瀬戸内レモン味」