アルコール度数0.5%の“微アルコール”ビールテイスト飲料「アサヒ ビアリー」3月30日発売

Asahi beery 202101

昨今のノンアルコールビールというと、アルコール度数0%のものが多いですが、定義的には「含有アルコール量が1%未満の飲料」がノンアルコール飲料となります。

つまり、アサヒビールが2021年3月30日発売と発表したアルコール度数0.5%のビールテイスト飲料「アサヒ ビアリー」は、定義的にはノンアルコールビールということになります。

アサヒビールは“微アルコール”と呼んでいます。

「アサヒ ビアリー」は、100%ビール由来原料ならではの麦のうまみとコクを実現したアルコール度数0.5%のビールテイスト飲料で、新しい“微アルコール”のカテゴリーと定義されています。

ビールを醸造した後、脱アルコール工程でアルコールを除去する製造手法を採用し、ビール特有の「発酵由来の複雑な香気成分」を残しつつ、ビールらしい本格的な味わいに仕上げられているそうです。開発期間は約3年半です。

定義的にはノンアルコールビールなのですが、がぶ飲みすれば酔う場合もあるでしょうし、体質的にアルコールに弱い人もいるでしょうから、昨今のアルコール度数0%のものと区別するためにも“微アルコール”としているのでしょうね。

ビールテイスト飲料とは違い、ビールをベースに作られているので、よりビールぽい美味しさがあるのだと思うと、ランチタイムのリフレッシュに呑むこともあるでしょうね。

こういう商品を見ると、宝酒造の「プラニパ」を思い出すんですよねぇ。ジャン・レノがCMしていたやつ。アルコール度数2%で、焼酎をポカリスエットで割った炭酸飲料という感じで、本当にサクサク呑めるやつでした。

検索したら宝酒造、アルコール分2%「プラニパ」発売 “微アルコール”提案という1997年の記事がありました。

「微アルコール・微炭酸・微果汁」を売りに新市場“微アルコール”を提案、活気づいている低アルコール市場に攻勢をかける。

“微アルコール”って、四半世紀から言われていたのですね。ストロング系の反動もあるのかもしれません。これに乗じて「プラニパ」にも復活して欲しい!

「アサヒ ビアリー」は2021年3月30日に首都圏・関信越エリアの1都9県で先行発売し、6月29日に全国発売されます。

2015年にサントリー「The O.N.E(ザ・ワン)」ミント浸漬酒でミント感たっぷり!暑い日の昼間から飲みたいアルコール1%のドライモヒート(カロリーと炭水化物)という記事も書いていました。

商品概要

商品名:アサヒ ビアリー
名称:炭酸飲料
発売品種:缶350ml
アルコール分:0.5%
製造工場:福島工場
価格:希望小売価格:181円(税抜)

ABOUT US

コグレマサト
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数