ヱビスビール「鉄道開業150年記念」缶を数量限定発売 〜JR恵比寿駅東口に「ヱビスビール口」の愛称も期間限定で追加

Yebisu 150th 19000

サッポロビールが、鉄道開業150年を記念してヱビスビール「鉄道開業150年記念」缶を、JR東日本、JR東海、JR北海道の駅売店及び駅施設で2022年10月4日から数量限定発売すると発表しています。

「鉄道開業150年記念」缶と鉄道開業150年を祝し、9月16日~10月30日の期間限定でJR恵比寿駅東口の駅サインの一部が「JR恵比寿駅東口(ヱビスビール口)」となることもあわせて発表されています。

ヱビスビール「鉄道開業150年記念」缶を数量限定発売

1872(明治5)年10月14日、新橋・横浜(現桜木町)の両停車場で開業式が行われ、翌10月15日からは旅客列車の運転が開始されました。1890年(明治23年)にヱビスビールは恵比寿ガーデンプレイス、当時は目黒村・三田で製造を始めました。

ビール工場のすぐ脇を走っていた、現在の山手線となる日本鉄道品川線(品川−赤羽)に「恵比寿停車場」というビール輸送のための新駅がつくられ、1906(明治39年)10月30日に、恵比寿駅が旅客輸送を開始しました。

のちに「恵比寿」という地名が誕生し、ヱビスは街の名になり、駅の名になったということです。

「鉄道開業150年記念」缶のパッケージは「鉄道開業150年」の文言とロゴとともに、中央に150形蒸気機関車(1号機関車)のイラストをあしらったデザインとしています。

「TAPS BY YEBISU」もオープン

期間限定でJR恵比寿駅東口の駅サインの一部が「JR恵比寿駅東口(ヱビスビール口)」となるとともに、9月16日にはJR恵比寿駅東口構内に新しい駅ナカ業態”「TAPS BY YEBISU」」もオープンするそうです。

Yebisu 150th 19002

「TAPS BY YEBISU」では「ヱビスビール」をはじめ「琥珀ヱビス プレミアムアンバー」ほか数種のヱビスブランド商品を用意。

Yebisu 150th 19003

“TAP&GO”をコンセプトに、駅ナカならではの短時間で楽しめる小皿料理などのフードメニューも用意されるとのことです。

プレスリリース

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/HHKBエバンジェリスト/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数