毎月数量限定だった「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」が7月下旬から通年販売開始

Super dry can

2021年4月に発売され大人気となって一時販売休止、その後は毎月数量限定だった蓋を開けると泡立つビールアサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」が、2022年7月下旬から通年販売開始すると発表されています。

そういえば振り返ってみると、あまりスーパーマーケットやコンビニで見かけなかった‥‥ような気がしますね。数量限定になっていたんですね。

2022年は生産体制を強化しており、年間製造可能数量が2021年から5倍の約1,290万箱(大びん633ml×20本換算)となる予定で、安定供給のめどが立ったことから、通年販売されることになったそうです。

ところで‥‥「アサヒスーパードライ」は2022年になってフルリニューアルが行われて味が変わったのですが、2021年に発売された「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」の味ってどうなっているのでしょうね‥‥?

夏になると「スーパードライ」の味が恋しくなるのですが、リニューアルしてからは手が伸びなくなっていました。昔の味なのかなぁ。気になるので呑んでみようと思います。

プレスリリース

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数