大正2年に九州初のビール工場で製造されたビールを現代風に復活した「サッポロ サクラビール」2022年2月22日に数量限定で発売

Sapporo sakura beer 17000

1912年(明治45年)に九州で創業した帝国麦酒(株)が、1913年(大正2年)に竣工した九州初のビール工場で製造を開始した「サクラビール」を、サッポロビールの醸造者が当時の文献を読み込んで現代の嗜好に合わせてアレンジした「サッポロ サクラビール」を、2022年2月22日に数量限定で発売すると発表しました。

「サクラビール」はアジア各地にも輸出され世界でも親しまれたそうで、発売当時のラベルと現代風アレンジであることが分かるよう「世界で親しまれたビールが現代に、生まれ変わる。」と記されているそうです。

1942年(昭和17年)頃まで「サクラビール」を製造していた工場は、サッポロビールの前身である大日本麦酒(株)が1943年(昭和18年)に継承し、その後2000年(平成12年)まで87年にわたりビール製造の歴史を繋いできたという繋がりがあるそうです。

九州初のビール工場は、現在は「門司赤煉瓦プレイス」として、ビール文化や歴史を発信する場所となっているそうです。

香ばしいコクと、すっきりとしたのどごしを両立させたバランスの良い味わいとのことですが、呑んでみたいですね「サクラビール」。

商品概要

パッケージ:350ml缶、500ml缶
アルコール分:5%

プレスリリース

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数