スポンサードリンク

一度に4品がほったらかし調理できる自動調理鍋「ツインシェフ」ショップジャパンが24,800円で発売

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

一度に4品がほったらかし調理できる自動調理鍋「ツインシェフ」ショップジャパンが24,800円で発売

材料を入れておくだけで調理が完了する家電を使う人が増えてきていますが、そこにショップジャパンがトライ。なんと、一度に4品がほったらかし調理できる自動調理鍋「ツインシェフ」が発売です!

スポンサードリンク

「ツインシェフ」左右の鍋で異なる調理が可能

一度に4品がほったらかし調理できる自動調理鍋「ツインシェフ」ショップジャパンが24,800円で発売

右の鍋を炊飯器にし、左の鍋で同時にカレーを作るといったことが可能です。さらに蒸しプレートを使うことで、最大4品までの調理ができてしまいます。

ご飯は4合、カレーは約6皿分(1皿約200g)が一度に調理可能で、3〜4人家族くらいなら対応できそうです。もちろん、一人暮らしにも。

一度に4品がほったらかし調理できる自動調理鍋「ツインシェフ」ショップジャパンが24,800円で発売

材料を入れてボタンを押すだけで料理が完成するクイックメニューを10種類搭載しています(白米炊飯、玄米炊飯、炊き込みご飯、雑炊、おかゆ、スープ、煮込み料理、蒸し料理、ケーキ、ヨーグルト)。

調理温度と時間を自由に設定できる手動調理機能も搭載しており、温度は35~130℃、調理時間は1分~12時間の間で設定できます。

ローストビーフ、鶏ハム、豚の角煮なども調理できます。保温、温め直しも可能です。

でもお高いんでしょう?

一度に4品がほったらかし調理できる自動調理鍋「ツインシェフ」ショップジャパンが24,800円で発売

ツインシェフ」のショップジャパン価格は24,800円となっています。使いこなすことができれば、そんなに高くない気がしますね!

「ツインシェフ」スペック

一度に4品がほったらかし調理できる自動調理鍋「ツインシェフ」ショップジャパンが24,800円で発売

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

Apple、iPhone 11で撮影したスローフィー動画を2本公開「Whiteout」「Backflip」

次へ

平成仮面ライダー出身で大成した俳優ランキング1位は「クウガ」