「三菱エアコン 霧ヶ峰」暑い人と寒い人を見極めて2つの気流を作り圧倒的な省エネまで実現した凄い技術 〜パーソナルツインフローとムーブアイ極(きわみ)を工場見学した!【PR】

Mitsubishi kirigamine 5274

エアコンの進化は気づかないところで進化&深化していたようです。

静岡県静岡市にある三菱電機静岡工場で、オジ旅一行として主力製品である家庭用エアコン「霧ヶ峰」の凄い技術について工場見学し、さらに担当技術者の方から話を伺いました。部屋を冷やしたり温めたりするのは当たり前、さらにその先のどこまで行けるのか?

登場からウン十年が経過し、もはやエポックメイキングな出来事はないのではないかと思っていたエアコン業界に、ムーブアイ極(きわみ)パーソナルツインフローという技術革新がもたらされていたことを知りました。言うなれば「部屋を快適にする」から「個人を快適にする」への革新です。

普段は見ることのできない工場に併設されたショールームと工場見学の様子とあわせてレポートします!

三菱エアコンの歴史を学ぶ「霧ヶ峰」の誕生は約50年前

Mitsubishi kirigamine 5195

1968年、世界初のラインフローファンを搭載した壁掛け形のセパレートエアコンとして「霧ヶ峰」は誕生しました。約50年、基本技術としてラインフローファンというものが使われてきたのですが、これが大きな構造革新することになったのが、パーソナルツインフローなのです。これは後で詳述しますが、エアコンの歴史的革命と言うべきものです。何しろ、送風そのものが変わってしまったのですから。

Mitsubishi kirigamine 5247

ところで「霧ヶ峰」には兄弟製品があったのをご存知でしょうか? 床置きセパレート形が「上高地」で窓掛形が「軽井沢」です。いずれも避暑地の名前を冠されたエアコンですが、この中でも「霧ヶ峰」が日本の家屋に合った標準的なタイプとして歴史を刻んできました。

Mitsubishi kirigamine 5194

そうそう、一昔前のエアコンてこんな感じだったよなー、と懐かしく思いながらショールームを見学していたところに登場したのがこちらです。

Mitsubishi kirigamine 5197

三菱エアコン「霧ヶ峰」の最新の製品でありフラッグシップモデルであるFZシリーズです。

Mitsubishi kirigamine 5196

横から見ると旧来製品と較べて奥行きがあるのですが、これには法律改正に沿ってきた歴史があるのです。省エネ法が厳しくなる中で、熱交換器という装置を多く搭載する必要が出てきて、結果的に奥行きのある形状になっています。薄くしたくてもできない現状の中で、三菱電機はどのようにエアコンを進化&深化させてきたのでしょうか?

Mitsubishi kirigamine 5200

「省エネと快適の両立がコンセプト。高い次元で両立するためにエアコンとしてどうあるべきか? ということを考えながら霧ヶ峰は歩んできた」と語る、開発を担当した松本さん。

50年ぶりの技術革新が「パーソナルツインフロー」

省エネと快適のために、2016年に新たに三菱エアコンに導入されたのがこちらの技術です。

Mitsubishi kirigamine 5199

エアコンの上部に取り付けられる2つのファン、つまり「パーソナルツインフロー」です。従来タイプのエアコンは、手前に置かれたラインフローファンと呼ばれるものが50年近く使われてきました。このエアコンの50年の歴史の中で、初のファンの革命とも呼ぶべきものが「パーソナルツインフロー」なのです。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数