Appleが「WWDC2021」を2021年6月7日〜11日にオンライン開催すると発表

Apple wwdc2021 202103311030

Appleが、毎年開催している世界開発者会議「WWDC2021」を、2021年6月7日〜11日に全てオンライン形式で開催すると発表しています。全ての開発者が無料で参加できるとしています。

若い開発者がSwift Playground作品を通じてコーディングスキルを披露できる機会である「Swift Student Challenge」の応募受付も開始すると発表しています。

特に気になるのは、登場する女性がメガネをかけていることですね。AppleのARヘッドセットのテストが最終段階にあると報じられているのですが、それに関する発表が行われるとみて間違いなさそうです。

「私たちは、WWDC21が史上最大かつ最高のイベントになるよう努めており、Appleの開発者の皆さんが私たちの生活、仕事、遊びを変えるアプリケーションを作り出すのを支援するために、新しいツールを提供できることをとても嬉しく思います」と、Appleのワールドワイドデベロッパリレーションズ、エンタープライズおよびエデュケーションマーケティング担当バイスプレジデント、スーザン·プレスコット氏はコメントしています。

プレスリリース

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数