アップル、iTunes for Windowsの提供を開始

アップル、iTunes for Windowsの提供を開始

ついに「iTunes for Windows」が発表されました。もちろんMac版と同じく、無償提供です。日本語版は10月21日からダウンロードできるそうですが、もう待ちきれなくて英語版をインストールしている人もたくさんいることでしょう(笑) ただ、Appleでは保証していませんので、あくまでも自己責任で。

iTunes for WindowsにはiPodとの連携に加え、CDからMP3およびAACへのエンコード、スマートプレイリスト機能を搭載するほか、CD-R/RWの作成や、コンテンツを記録型DVDへバックアップする機能なども備え、250以上の無料インターネットラジオ局も収録する。また、ネットワーク上で「Rendezvous」を使用し、Macintosh、Windowsの両プラットフォームで音楽の共有も可能となっている。

凄いよな。こんなに機能がしっかりしていて、完成度の高いソフトを無償で提供するなんて。このソフトで初めてAppleに触れる人も多いはずですから、その出来に驚く人もきっと多いはず。Macもいいなぁ、なんて思う人が続出するはずだから、後は製品の価格ですね。そこがクリアできれば、もうMacだ、Windowsだと言う世界ではないと思っています、個人的には。

親が子供のiTunes Music Store口座に毎月資金を自動的に預金することができる「Allowance(アロウアンス)」機能や、E-mailで友達や家族に音楽を贈ることができるオンライン商品券などの新機能が加わった。

iTunes Music Storeが日本で使えるようになるのは、いつの日のことなのか‥‥。

■関連記事

Apple、オンライン楽曲サービスを Windows にも提供

同社 CEO の Steve Jobs 氏はまた、America Online (AOL) と独占契約も締結。同サービスのビジネスチャンスをさらに拡大した。AOL サイトから直接ワンクリックで iTunes Music Store に登録できるようにするという。これにより、同サービスは一挙に AOL 会員2500万人にとって身近なものになる。

米アップル、iTunes for Windowsをついに発表

Jobsは、市場を独占するWindowsプラットフォーム用ソフトの開発が、Appleの方向性を逸脱していることを認め、「hell froze over」(あり得ない事が起こった)という言葉を添えた画像を示して、今回の発表をスタートさせた。

米アップル、 iTunesで輝きを取り戻せるか?