スポンサードリンク

Apple「WWDC 2020」は初のオンライン形式で開催へ

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

Apple「WWDC 2020」は初のオンライン形式で開催へ

Appleが2020年6月に開催予定の年次開発者会議「WWDC 2020」を、初のオンライン形式で開催することを発表しました。

スポンサードリンク

Apple’s WWDC 2020 kicks off in June with an all-new online formatとして発表されています。

WWDC 2020 to Feature an Online Format with a Keynote and Sessions Connecting Millions of Developers Around the World

新型コロナウイルスの影響で先行きが不透明です。6月になって事態が収束しているのか、それとも拡大しているのかも分かりません。Appleは早めに判断をして、オンライン形式での開催へと舵を切りました。

現場に行くことで感じられる空気感というのもありますが、基本的には基調講演やセッションならオンラインで視聴しても体験としては変わりません。

MacBookにステッカーを貼ったようなデザインで、もしかして新しいMacBookが登場するのかな‥‥ということを予感させるデザインですね。

関連記事

Apple、6月の開発者会議をオンライン開催 新型コロナで  :日本経済新聞

オンラインのみの開催となる20年のWWDCについて、マーケティング担当のフィル・シラー上級副社長は「世界中の何百万人もの開発者に革新的な方法で届ける」とコメントしており、詳細は今後数週間で明らかにするという。

Apple、「WWDC 2020」は6月に“全く新しいオンライン形式”で開催へ - ITmedia NEWS

WWDC 2020では、iOS 14、watchOS 7、macOS 10.16、tvOS 14(全て仮)などの次期OSといくつかの新しいハードウェアが発表される見込みだ。
最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

川崎のソウルフードがカップ麺に!元祖ニュータンタンメン本舗監修「タンタンメン」食べてみた

次へ

渋谷の隠れ家「きになるき」熟成マグロと旬の食材と芋焼酎ハイボール【予約方法】