スポンサードリンク

Apple、iPhone需要が回復して2020年第1四半期(10~12月)決算が過去最高の増収増益に

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

Apple、iPhone需要が回復して2020年第1四半期(10~12月)決算が過去最高の増収増益に

Apple、2020年第1四半期(10~12月)決算は、iPhone需要が回復するなどして過去最高の増収増益になっています。Appleの決算は過去最高の増収増益 最新iPhoneとウェアラブル、サービスが好調という記事になっていました。

米Appleが1月28日(現地時間)に発表した2020年第1四半期(10~12月)決算は、売上高は過去最高で前年同期比9%増の918億1900ドル、純利益は11%増の199億6500万ドル(1株当たり4ドル99セント)で、こちらも過去最高だった。

スポンサードリンク

iPhone 11シリーズ、ウェアラブル、サービスが好調とのことです。ウェアラブルはAirPods ProやApple Watchですね。この領域はApple製品がかなり強いです。

個人的にはいまいちサービスの強さは実感できていないのですが、Appleがシフトしていきたい領域でしょうから、好調なのは何よりです。

そしてiPhoneの回復ですね。iPhone 11シリーズは熟成した本当に良いモデルだと思います。価格も手を出しやすくなりましたし。

これで2020年3月にiPhone 9と呼ばれる廉価版が発売されたら、さらにAppleの売上は伸びるでしょうね。端末が増えることで、サービスの利用も増えるでしょうし。

このまま革新的なiPhoneを出せずに収束してしまうのでは‥‥とも思っていたのですが、熟成した端末をうまくパッケージングして需要喚起することに成功ですね。iPhone 6あたりからの買い替え時期が重なったというのも良かったのだと思いますが。

関連記事

好調なAppleのサービス部門が売上新記録を達成 | TechCrunch Japan

サービスの成長に加えて、ウェアラブルやホーム、そしてアクセサリ部門も急速に成長し、これらの売上も新記録の100億ドル(1兆922億円)に達した。前年同期は73億ドル(約7973億円)だった。

米アップルの10─12月期、収益が予想上回る iPhone回復 - ロイター

iPhoneの売上高は559億6000万ドルで、アナリスト予想の516億ドルを上回った。前年同期は520億ドルだった。
最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

B級フード研究家ノジマ氏がカップ麺オブ・ザ・イヤー2019に選んだ「QTTA サワークリームオニオン味」食べてみた!

次へ

宮迫博之、YouTuber宣言!YouTubeで謝罪と現状報告「戻りたい」