Apple、ユーザーが自分でiPhoneを修理する「セルフサービスリペア(Self Service Repair)」を提供開始

Self service repair apple

Appleが、ユーザーが自分でiPhoneを修理するためのツールやパーツ、マニュアルを提供する「セルフサービスリペア(Self Service Repair)」を開始したことを発表しています。

まずアメリカで提供が開始され、2022年後半にはヨーロッパをはじめとする他の国にも提供される予定です。

「セルフサービスリペア」は、自分で修理をすることに慣れているユーザーが、Apple純正の部品やツールを利用できるようにするものです。

新しいオンラインストアでは、200以上のパーツやツールを提供しており、電子機器の複雑な修理に慣れていれば、iPhone 12、iPhone 13、iPhone SE(第3世代)のディスプレイ、バッテリー、カメラなどを修理することができます。

2022年後半には、Appleシリコンを搭載したMacの修理を行うためのマニュアル、パーツ、ツールも提供される予定です。

入手できるパーツは、Appleの認定修理業者のネットワークで入手できるものと同じもので、価格も同じとのこと。

「セルフサービスリペア」の手順はコチラから確認することができます。

Apple、ユーザーが自分でiPhoneを修理する「セルフサービスリペア(Self Service Repair)」を発表

Appleが、部品や工具を提供し、ユーザーが自分でiPhoneを修理することができる「セルフサービスリペア(Self Service Repair)」を発表しました。…

Apple、事業規模を問わず修理業を営むサービスプロバイダーを対象とする「Independent Repair Provider プログラム」を日本でも開始

Appleが提供する「Independent Repair Provider プログラム」が、間もなくApple製品が販売されている200以上の国・地域の大半で利用できるようになると発表しています。日本も含まれます。 「...…

プレスリリース

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数