スポンサードリンク

29,800円で購入できる廉価版「Apple Watch SE」発表

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

29,800円で購入できる廉価版「Apple Watch SE」発表

Appleが、ついに廉価版のApple Watchで29,800円で購入できる「Apple Watch SE」を発表しました。

スポンサードリンク

「Apple Watch SE」は「Apple Watch Series 6」と同じデザインです。S5デュアルコアSiPチップを搭載し、「Apple Watch Series 3」に比べて2倍も高速になっています。

それぞれ価格帯と機能が違うわけですが、どれを購入して良いか迷うところではあります。

29,800円で購入できる廉価版「Apple Watch SE」発表

Appleのサイトの比較表をチェックすると、大きな違いとしては、ディスプレイの常時表示の有無、が挙げられるようですね。

もちろん、搭載するチップが違ったり「Apple Watch Series 6」は血中酸素濃度センサーを搭載していたりするわけですが。

個人的には「転倒検出と緊急SOS」の有無で、初めてのApple Watchの購入なら「Apple Watch SE」がオススメなのでは、と思います。

マスクをしているとiPhone 11 Pro MaxでApple Payがしにくいので、そのために「Apple Watch SE」が欲しくなってきますね。でも充電を忘れて使わなくなる未来も見えます。

「Apple Watch SE」は予約受付中、2020年9月18日より発売開始です。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

血中酸素濃度センサー搭載し最大20%高速化された「Apple Watch Series 6」発表

次へ

A14 Bionic搭載・電源ボタンにTouch ID内蔵・カラバリ5色の新しい「iPad Air」62,800円から