【Apple Watch】販売が緩やかに降下中

2015 07 10 1339

リサーチ会社Slice Intelligenceの調査によると、アメリカにおける「Apple Watch」の販売数は、6月に緩やかに右肩下がりの曲線を描いたようです。Apple Watch Demand Slides Significantly in June as Launch Momentum Wanes – Mac Rumorsという記事になっていました。

Apple Watch sales in the United States appear to have slowed down significantly in June based on new data that research firm Slice Intelligence shared with MarketWatch.

グラフを見ると、2015年5月までで欲しかった人の手にはほぼ渡ったということなのでしょうか。アメリカでは、現在は1日20,000個以下の販売で、少ない日は4,000〜5,000個にまで落ち込んでいるようです。

5月の終わりには1日に30,000個、6月中旬には総販売数は280万個という数字も発表していました。

いずれの数字もアメリカの話で、世界で見ればもっと売れているのだと思いますが、右肩下がりのグラフは気になるところです。とはいえ、現状では数値を受け取る機能がメインで、Apple Watchらしさというのはまだ発揮できていないのかな、という気もします。

逆に見れば、何かキラーアプリがあれば、まだ「Apple Watch」が挽回する可能性は十分にあるのだと思いますが。とりあえず「watchOS 2」のリリースが待たれるところでしょうか?

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数