国内メディアの「Apple Watch Ultra」シリーズの先行レビューまとめ

B0BDHZJLQM

発売を2022年9月23日に控えた「Apple Watch Ultra」の先行レビューが国内メディアによって公開されましたのでまとめておきます。

「Apple Watch Ultra」シリーズ先行レビュー

「Apple Watch Ultra」はAppleがたどり着いた究極の時計だ:シン・ウルトラウォッチ登場(1/3 ページ) – ITmedia PC USER

新しい皮膚温センサーを試すべく、しばらく寝ている間もずっとつけっぱなしにしていたが、ウェイポイントを置きながらの街中散策といったこともしていたが、バッテリーは余裕で丸2日間使った時点でも20%ほどの残量があった。

Apple Watch Ultraに触った! 着けてみた!──GQエディターズ・リポート | GQ JAPAN

Apple Watchのなによりもの魅力は、ハイスペックな時計であることではなく、着け心地最高な小さなPCだという点につきる。

ASCII.jp:【レビュー】史上最強・最大の「Apple Watch Ultra」カスタマイズ攻略法 (1/6)

コンパスアプリには、移動しながら任意のロケーションに「ウェイポイント」をマーキングする機能があります。マーキングした場所に再び訪れると、コンパスアプリのレーダー表示にアイコンが表示され、アプリから記録したロケーションに関する情報が参照できます。

Apple Watch Ultraは「箱も新しい」。開けるだけで興奮しちゃった理由 | ギズモード・ジャパン

なんてアウトドアウォッチ感全開のパッケージ柄! 普通のApple Watchの箱と違い、どういうシーンで使ってほしいかが一目瞭然ですね。

「Apple Watch Ultra」先行レビュー “普段使いのみ”でも選ぶ価値あるタフネスモデル(1/3 ページ) – ITmedia NEWS

実際に装着して街に出てみたが、まだ人に存在を知られるワケにはいかないモデルということもあって、非常にビビッてしまった。何しろ目立つのだ。明らかに既存のApple Watchとは違うアピアランスは、当分の間注目されるに違いない。

ASCII.jp:【先行レビュー】タフなApple Watch Ultra、公称スペック36時間バッテリーに偽りなし (1/3)

登山やダイビングにおいても、グローブをしたまま操作できるという点において、アクションボタンの有効性は大きい。むしろ、普通のApple Watchに設けて欲しいほどだ。

都会暮らしでも「最先端」のApple Watch Ultraを選ぶべき理由 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

あまりランニングはしないという方は、アクションボタンの使い道をストップウォッチやフラッシュライトにアプリから割り当てることもできる。

「Apple Watch Ultra」発売直前レビュー 新しい機能やデザインは都会派にも魅力的 | マイナビニュース

アウトドアユースを中心に想定しているためか、UltraにはGPSモデルがなく、Cellular付きのモデルしかありません。カラバリも1種類です。

「意外と一般人が使ってもよさそう」Apple Watch Ultraと数日過ごしてそう思った | ギズモード・ジャパン

むしろディスプレイが広くて明るいおかげで、視認性も操作性も良好。ファッションのアクセントとしてもこの大きさはプラスに作用していたと思います。大きさが理由でApple Watch Ultraを敬遠してる方は、わりと安心して良いかと。

「Apple Watch Ultra」先行レビュー–【前編】日常生活やアルペンルートで試した印象は? – CNET Japan

グローブをしていても操作しやすいよう、本体から少し突き出ているDigital Crownなどのボタン類、全体の厚みなどがいかにも堅牢性が高そうで、一言で言えば、ゴツい。これまでにはない雰囲気を醸し出している。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数