【Apple Watch】アルゴリズム強化やワクチン接種カード対応にバグ修正を含む「watchOS 8.1」リリース

Watchos 81

Appleが、Apple Watchのアルゴリズム強化やワクチン接種カード対応、バグ修正を含む「watchOS 8.1」をリリースしています。アップデートには充電環境が必要です。

アップデート自体には多少の時間を要します。

watchOS 8.1には、Apple Watch用の以下の改善とバグ修正が含まれます:

・ワークアウト中の転倒を検出するアルゴリズムを強化し、ワークアウト中のみ転倒検出を有効にするオプションを追加(Apple Watch Series 4以降)

・新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種カードへの対応により、検証可能なワクチン接種情報をAppleウォレットから提示することが可能

・一部のユーザで手首を下ろしているときに、“常にオン”で時刻が正確に表示されない場合がある問題(Apple Watch Series 5以降)

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/HT201222

【Apple Watch】ハンドジェスチャが未来を感じる「watchOS 8」リリース

Appleが、Apple Watch用の最新OSとなる「watchOS 8」をリリースしています。メジャーアップデートなので様々な機能が追加されていますが、個人的にはハンドジェスチャに未来を感じています!…

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数