「Apple Watch」1週間使ってみた感想(主にバッテリーの持ちの話)

Apple watch 2nd imp 01 04

否定派なのですが「Apple Watch」を1ヶ月モニターすることになりましたという記事を書いてから1週間が経過しました。この間にも「Apple Watch」を使っている雑感をつらつらとツイートしてきましたので、一度、それをまとめておこうと思います。

1ヶ月後に取材を受け「Apple Watch」はどうだったかを語るという取材の一環としてモニターさせて頂いています。モニターしているのは「Apple Watch Series 6(40mm)」です。

1週間使ってみた感想

「Apple Watch」を使うまでの心持ちはどうだったかなどは、ぜひコチラの記事を読んで頂けたらと思います。

この1週間のツイートから抜粋し、ざっくりとカテゴリー分けします。

バッテリーに関して

まず最初に思ったのは「思ったよりバッテリーが持っている」ということです。使い始めにフル充電し、約24時間後にバッテリー残は50%となっていました。

そのまま40時間くらい使用したところで「省電力モードになる(バッテリー残が10%)」という通知がきました。丸2日の使用は難しいですが、予想よりバッテリーが持ついう印象を持ちました。

そこから充電を開始し、再びフル充電までに要した時間は1時間20分でした。「Apple Watch」の充電が完了するとiPhoneに通知がくるので、そのまま充電しっぱなしというのは防げます。

その後の数日間の充電サイクルは次のようになりました。だいたい21〜23時くらいに入浴しており、外すタイミングで充電しています。

(1)42% → 約25分間充電 → 81%(+39%)

(2)22% → 約30分間充電 → 64%(+42%)

(3)16% → 約30分間充電 → 66%(+50%)

(4)20% → 約35分間充電 → 74%(+54%)

厳密に計測していたわけではないので、アバウトな数字ではありますが、入浴時に30分くらい充電すると40〜50%程度のバッテリーが回復します。

現在の設定(プッシュ通知など)だと1日あたり50%前後のバッテリー消費のようなので、今の運用方法で24時間は問題なく使えるということが分かりました。

もし外出が長引くようなスケジュールがないのであれば、入浴時に30分くらい充電すると、1日1回の充電サイクルで回していけそうな予感がします。

いずれにせよ入浴時には外すので、ここが1つの充電ポイントとなります。

ビックカメラでAppleの人に質問したところ、夜の入浴時以外に朝の身支度の時に充電しているという話をしてくれました。充電回数を増やせば、それだけ1回あたりの充電時間は短くすることができます。1日に2度の充電が、果たして面倒ではないのかどうか分かりませんが。

100%までフル充電にしないと気持ち悪いという人は別にして、1日1回の30分充電で、しばらくは回していけそうな気がします。

身体を動かすことに関して

いちおう使い始めてということもありますが、座ったままの状態が続くと、1時間に1回ですかね、軽く身体を動かすように促され、しっかりと従っています。

どれほど効果があるか分かりませんが、身体を動かさないより良いでしょうし、塵も積もれば山となるだと思って、その度にスクワットなどもするようにしています。

Apple watch 2nd imp 02 05

円を描くアクティビティトラッカーも意外によくできていて、あれを見て運動などするものかと思っていたのですが、なんとなくゴールまでたどり着きたくなるような気持ちはあります。

設定自体は高望みせず現実的なものとしているのでほぼ毎日クリアできて、達成感はあります。

これまで使用してきたスマートウォッチはログを取るのがメインだったので、このあたりの運動を促されるのは「Apple Watch」ならではの未来志向だと感じました。

便利な使い方・Tips

使い慣れている人には当たり前でも、初心者には何もかもが発見です。発見した便利な使い方やTips的なものをまとめておきます。これから始める人の参考になれば幸いです。

文字盤の良いデザインがない→自分で調整できる

「文字盤の良いデザインがない」というのは、知りたい情報が表示されていない、という意味でした。後から、文字盤のカスタマイズ方法に気づきました。

Apple watch 2nd imp 02 04

これが現在の文字盤で、左上にバッテリー残量、右上に気温、真ん中には降水確率や計算機が表示されていますが、これらは何を表示したいかiPhoneアプリからカスタマイズできます。

天気予報(天気のアイコン)に関しては、iPhoneの天気アプリで最上位にしているエリアの情報が表示されています。

表示したい情報は概ね表示できているのですが、可能であればデジタル時計も表示したいです。アナログ時計とデジタル時計を両方。

ちなみに文字盤を複数設定していると、左右にスワイプして切り替えられることもできます。機能的な文字盤とオシャレな文字盤を一瞬で切り替えることができます。

iPhoneのロック解除をマスクしててもOKに

マスクをしていても、Apple WatchをしてるとiPhoneがロック解除されるように設定できます。ある意味では、これが一番感動し便利な機能かもしれません。

ただ、万能ではなくて、例えばLINEアプリのように、アプリの起動にFace IDを使用するアプリもありますが、それには対応していません。やはりパスワードを入力する手間があります。

【Apple Watch】Face IDなしでiPhoneのロックを解除する設定

1ヶ月間の「Apple Watch」モニター企画に参加しております。いろいろな発見や気付きもあってとても興味深いのですが「あ、そういえば」と思い出した機能が、マスクをしててもiPhoneのロックを解除できる機能です。…

Apple Watchを一瞬でスリープ

「Apple Watch」に手をかざすと、一瞬でスリープすることができます。着信音を消音することができるので、覚えておくと便利です。

【Apple Watch】一瞬でスリープする方法(着信も消音できる)

1ヶ月のモニターで使用している「Apple Watch」ですが、割りとのめり込んで試しています。試しているのは「Apple Watch Series 6(40mm)」で、触っていると色々な機能や操作方法など気づきがありま...…

その他の感想

通知の着信音やバイブレーションが心地よいです。ロックが解除されるときのガチャリという音と振動は、実にAppleらしいと思いました。

また、iPhoneに届くプッシュ通知はほとんどApple Watchでも受け取れるし、LINEはスタンプまでも表示されます。他社製スマートウォッチだと、受け取れるプッシュ通知もあれば受け取れないものもあります。

予定より早く起きたら「アラーム消しますか?」とApple Watchに表示され、そのままOKしたらiPhoneで設定していたアラームが鳴る前にオフになっていました。これらの親和性の高さは、さすが同メーカーのデバイスです。

しばらくApple WatchをしたままMacBook Airの作業をしていたら、2日目くらいだったかな? Macから「Apple Watchでロックを解除するように設定しますか?」と聞かれたのは驚きでした。

そのままApple Watchをしているとパスワード入力なしにMacBook Airがロック解除されるように設定しています。

手洗い20秒検知は便利そうですが、軽くすすいだ時にも表示されるのでオフにしました。

大柄な体型には40mmだと小さいので、もし購入するなら迷わず44mmです。

不満点

良いことばかりではなく、ここがこうだったら良いのにな、と思える部分もあったのでメモ的に書いておきます。

・Apple Watchアプリ、ヘルスケアアプリ、フィットネスアプリの関係性が直感的に分かりにくい(システムの全体像がよく見えない)

Apple WatchだからといってApple Watchアプリだけで完結しているわけではなく、情報を確認するにはその他のアプリも必要になります。慣れの問題ではありますが、直感的に分かりにくい部分ではありました。

・アプリ一覧が見にくい

Apple watch 2nd imp 02 06

デジタルクラウンをクリックして表示されるアプリ一覧は、数が多くて探しにくいです。アプリを整理したいのに、Apple純正アプリは削除できないぽいんですよね。

アイコン表示が分かりにくくて使いにくいのでリスト表示にしたけれど、それでも数が多くて探しにくいです。Dockを使えという話なのかもしれませんが、あの表示はApple Watchらしさの1つだと思うので、ぜひ使いやすくなって欲しいです。

買いか、それとも?

「Apple Watch SE」なら3万円台ですが、これから人生の下り坂、健康を気をつけなくてはならないオジさんが買うなら「血中酸素ウェルネスアプリ」「心電図アプリ」が使える「Apple Watch Series 6」一択でしょう。

「Apple Watch Series 6(44mm)」を購入するとしたら、価格は50,380円です。これを高いと感じるか、安いと感じるかはそれぞれだと思いますが、それなりの高級時計と比べれば、高いものでもありません。

とはいえ、そもそも高級時計はおろか時計もしない生活で、お安めスマートウォッチを渡り歩いてきたので、Apple Watchが5万円となれば高くは感じます。高くは感じていたのですけど、しかしあまり高く感じなくなってきている自分がいることも確かです。

そんなタイミングで6月20日深夜0時より、年に一度の大セール「Amazonプライムデー」がスタートし、そこに「Apple Watch Series 6」も登場するとのこと。

既に先行しているセールでは5,500円オフになっているため、Amazonプライムデーではいったいいくらになるんだ!? というのは気になるところ。20%オフか? それとも30%オフ!?

心静かに夜を待ちたいと思います。

追記:

ココからセール品をチェックしましょう!

追記:

結局、16%オフで「Apple Watch Series 6 44mm(ブルー)」を購入しました。

追記:

「Apple Watch Series 6」ポイント還元など含めて実質いくらで購入できたのか計算してみたという記事を書きました。

↓Amazonプライムデー参戦前に一読をオススメです。

1週間のビッグセール「Amazonブラックフライデー」11月26日から開催 〜購入前にやっておくと良いことまとめ

Amazonが、2021年11月26日9時より1週間のビックセール「Amazonブラックフライデー」を開催します。12月2日23時59分まで続く1週間のタイムセールです。 今回はキャンペーン期間中の買い物で最大10,00...…

↓その他の関連記事です。

Amazon「プライムデー」にはApple Watch Series 6も登場するらしいけど気になるのはその割引率

2021年6月21日よりスタートする、Amazonの年に一度の大セール「プライムデー」のタイムセール商品が、第1弾、第2弾として公開されていますが、個人的にモニターしている最中でかなりホットな「Apple Watch S...…

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数