否定派なのですが「Apple Watch」を1ヶ月モニターすることになりました

Apple watch monitor 06 04

少し前に友人であるライターの熊山さん @kumaya がFacebookに「Apple Watchを試してみたい人はいませんか?」という投稿をされていました。熊山さんとはマレーシア取材に行ったこともあります。ぬいぐるみと写真を撮るパイオニアでもあります。

どんな企画かよく分かっていなかったのですが、試せるものなら試してみたいと思わず手を挙げたら、どうやら2ヶ月目で順番が回ってきたようで、いま手元には‥‥というか、左手の手首には「Apple Watch Series 6(40mm)」が巻かれています。

ためしてみます「Apple Watch」

スマートウォッチに関しては、数年来、便利に使っています。Pebbleにはじまり、Amazonで販売される中華スマートウォッチはあれこれ試しましたし、モニターとしてfitbitも試しています。

Macintosh SE/30にはじまる30年来のAppleユーザーですが、実は「Apple Watch」だけは購入したことがありません。なぜか? それはひとえにバッテリーの持ちが悪いからです。

これまで使用してきたスマートウォッチ/スマートブレスレットは、どれも1〜2週間くらいはバッテリーが持つものばかりでした。睡眠や運動など、日常のライフログを記録すると思えば、毎日充電が必要なものなど、ライフロガーに値せぬ、くらいの感じで思っています。

だって、腕から取り外したら、その間のライフログは取れないんですよ? そもそもの目的を見失います。ありえない。

という心持ちだったので、ついぞ「Apple Watch」に手を出すことなく、いつの間にかSeries 6までたどり着いていたというわけです。

Apple watch monitor 01 04

いま、手元にあるのは40mmでホワイトの「Apple Watch Series 6(40mm)」です。左腕に巻いています。これまで左腕に巻かれていたfitbitは右腕に移動しています。違和感が半端ないです。本田圭佑を笑えません。

とりあえず「Apple Watch」の電源を入れてiPhoneのそばに置くとペアリングを始めるので、それに従って使用を開始してから24時間くらいが経過したところです。

気づいたら「Watch」とか「フィットネス」というアプリがインストールされていました(なんとなく過去に削除した記憶があります)。

Apple watch monitor 04 04

自分のライフログを確認するのに「ヘルスケア」アプリを起動する必要があることに気づくまで、半日くらいかかりました。なんだか、いきなり大量のアプリが「Apple Watch」にインストールされたりして、預かり知らないところで何かが行われている感覚があって、少し不安になるところもあります(インストールを許可した記憶もあるのだが)。

なんとなくですけど、これまでのApple製品とは少し毛色が違う気がするんですよね。単体で使うものではなく、iPhoneのようなコンパニオン製品を伴うからなのかもしれませんが。いろいろ連携の概念が必要になる気がします。

まずは、24時間使った感想です。

・思ったよりバッテリーが持っている

・動くことを促されるので動かざるを得ない

・文字盤の良いデザインがない

・システムの全体像がよく見えない

・40mmだと小さい

・過去のロガーではなく未来志向のツールに感じる

・通知の音が心地よい

・届く通知の種類が多い

・Apple Watchの充電が完了するとiPhoneに通知がくる

どう使うのが便利なのかも、まだ見当がつきません。もしオススメの使い方があれば、ぜひ教えてください。

ということで、とりあえずこれから1ヶ月間に渡り、50歳手前のオジさんが「Apple Watch Series 6(40mm)」を使ってみます。その結果は、Mac系雑誌で記事になるそうです。どんな結末になるのかお楽しみにしていてください。

また、ご報告します。

現行は3モデル

とりあえず、息子も「Apple Watch」に興味を持ち始めたので調べたところ(ビックカメラで話を聞いてきたところ)、以下の3モデルがあるそうです。

・Apple Watch Series 3

・Apple Watch SE

・Apple Watch Series 6

コスパの良い旧モデル、廉価版、そしてフラッグシップモデル。iPhoneのラインナップと同じですね。それにしても数世代前のモデルがまだ現役なのが凄いです。SEに取って代わられるのでしょうが。

「SE」と「Series 6」の大きな違いとしては「血中酸素ウェルネスアプリ」「心電図アプリ」の有無です。

詳しく見ると、心電図機能と不規則な心拍の通知機能はいずれも22歳未満はターゲットではないようなので、若い人なら「SE」で十分ということなのでしょう。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数