「Apple Music」Dolby Atmosによる空間オーディオとロスレスオーディオに2021年6月より対応と発表

Apple lossless 18

「Apple Music」が、2021年6月よりDolby Atmosによる空間オーディオとロスレスオーディオに対応すると発表しています。「Apple Music」の加入者向けに、追加料金なしで提供されます。

Dolby Atmos

「Dolby Atmos」は、アーティストが音楽をミックスすることで、音が周りや上から聞こえてくるような、革新的で没入感のあるオーディオ体験を実現します。

デフォルトでは「Apple Music」は、H1またはW1チップを搭載したすべてのAirPodsおよびBeatsヘッドフォン、ならびに最新バージョンのiPhone、iPad、およびMacの内蔵スピーカーで「ドルビーアトモス」の楽曲を自動的に再生します。

Lossless Audio

AppleはALAC(Apple Lossless Audio Codec)を使用して、オリジナルのオーディオファイルをそのまま保存します。つまり「Apple Music」の利用者は、アーティストがスタジオで制作したものとまったく同じものを聴くことができるということになります。

「Apple Music」のLosslessレベルは44.1kHz(キロヘルツ)で16ビットのCD品質から、48kHzで24ビットまで対応します。

「Apple Music」から「設定」→「ミュージック」→「オーディオ品質」でロスレスオーディオをオンにすることができます。

Bluetooth AACコーデックでの接続となるため、AirPods ProやAirPods Maxはロスレスオーディオ(ALAC)には対応しないとのことです。

プレスリリース

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数