「シン・エヴァンゲリオン劇場版」興行収入が99.9億円を突破

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の興行収入が、2021年7月11日の時点で99.9億円を突破したそうです。ほぼ100億円ですね。「シン・エヴァ」興収99.9億円。大台目前という記事になっていました。

累計期間は126日で、興行収入は99億9,700万円、観客動員数は654万人を突破している。7月10日、11日の2日間の興行成績は、興行収入が1.67億円、観客動員数が10.2万人だった。

映画公開から126日。コロナ禍での上映と思えば、100億円突破はとても素晴らしいです。

序、破、Qと興行収入は20億円、40億円、53億円と右肩上がりだったのですが、ここにきて一気に倍増です。

これまでの作品が一気にAmazonプライムビデオで配信されたり、最後の作品であることもあったり、何度も延期されて期待値も高まったでしょうし、様々な要因が重なっての100億円。

7月21日に多くの劇場で終映を迎えるそうなので、近くの劇場で観たい方はチャンスはあと少しです。

ABOUT US

コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数