【楽天ゴールドカード】羽田空港の空港ラウンジを使用した【感想】

楽天ゴールドカード 空港ラウンジ 01

年に何度か空港を使うことがあり、いつもギリギリに空港に到着するのであまり空港ラウンジを使うことは考えたことがなかったのですが、年会費2,160円の楽天ゴールドカードでも空港ラウンジが使えることを知り、ノーマルの楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替えてみました。

そしてこの度、羽田空港で楽天ゴールドカードで初ラウンジしてきたのでレポートします!(楽天プレミアムカードでも空港ラウンジは使えます)

楽天ゴールドカードとその他の楽天系カードの違い

楽天カード 比較

楽天が発行するクレジットカードには、

楽天カード(年会費無料)

楽天ゴールドカード(年会費2,200円)

楽天プレミアムカード(年会費11,000円)

の3種類があります。

ポイント還元率が違う

主な違いとしては年会費ですが、年会費の違いにより楽天市場で買い物をした際のポイント還元率(それぞれ3%、5%、5%)と、空港ラウンジの利用の有無、プライオリティパスの付帯の有無といった違いがあります。

空港ラウンジの利用が違う

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードは、国内主要空港の空港ラウンジの利用が可能です。回数は楽天ゴールドカードは2018年9月より年に2回、楽天プレミアムカードは無制限です。

楽天ゴールドカードの空港ラウンジ利用の2回がリセットされるタイミングを調べてみました。【楽天ゴールドカード】ラウンジ利用2回のリセットはいつ?をご覧ください。

プライオリティパスが違う

空港ラウンジの利用は主に日本国内ですが、楽天プレミアムカードに付帯するプライオリティパスの利用だと海外の空港ラウンジが利用可能になります。プライオリティパスだと軽食やアルコール類、WiFiだけでなく、シャワーなどが利用できる空港ラウンジもあります。

ちなみにプライオリティパスは無制限利用の場合の年会費は429ドルなので、その権利を年会費10,800円で利用できるとなるとかなりお得です。海外旅行に行くことが多い人は断然、楽天プレミアムカードがオススメです。

海外旅行保険が違う

楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードには海外旅行保険もついてきます。楽天プレミアムカードは自動付帯ですが、楽天カード、楽天ゴールドカードは利用付帯となります。

それは海外旅行に行く際に、交通機関でクレジットカードを使っておく必要があります。例えば高速バスのチケットをクレジットカードで購入したり、ですね。

JR利用のみの場合はどうするか? 実はJRもクレジットカードできっぷが購入できます。【楽天カード】付帯の海外旅行保険のための公共交通機関は?という記事を書いていますので参考にして下さい。

ABOUT US
コグレマサト
ブロガー/2004&2006アルファブロガー/第5回WebクリエーションアウォードWeb人賞/ブログ&ツイッター&LINE26冊執筆/ScanSnapプレミアムアンバサダー/カナダアルバータ州ソーシャルメディア観光大使/カルガリー名誉市民/チェコ親善アンバサダー/おくなわ観光大使/オジ旅/かわるビジネスリュック/浦和レッズサポーター/著書多数