スポンサードリンク

「セブンイレブンアプリ」にスマホ決済サービス「PayPay」を搭載すると発表

|リンクにアフィリエイトを利用している場合があります|

スポンサードリンク

「セブンイレブンアプリ」にスマホ決済サービス「PayPay」を搭載すると発表

セブンイレブンが、2020年10月以降に「セブンイレブンアプリ」にスマホ決済サービス「PayPay」を搭載すると発表しました。

スポンサードリンク

「セブンイレブンアプリ」に「PayPay」が搭載されることで、画面上に「PayPay」の支払いバーコードが表示され、全国のセブンイレブン店舗で、決済が可能となります。

「セブンイレブンアプリ」にスマホ決済サービス「PayPay」を搭載すると発表

 「セブンイレブンアプリ」の会員コード提示で受け取れるバッジやセブンマイル(税抜200円購入で1マイル)と、PayPay残高による支払いで受け取れるPayPayボーナス(支払額の最大1.5%)が同時に受け取れるようになります。

決済とポイント加算が同時というと、ローソンの「Apple Payで」もそうなのですが、これはユーザーにとって便利になって良いですね!

7Payで大コケしてしまったセブンイレブンですが、PayPayと組むことになったのですね。これでPayPayの立ち位置も、さらに揺るぎないものとなりそうです。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

アクセスランキング

前へ

【Twitter】正式リリースされていた「ツイートに返信できるユーザーを選択する機能」がやってきた

次へ

【3Dプリンター始めました】「cheero3D Pro」3Dプリンター初心者のデビューメモ 〜購入から印刷まで