Zamami 0936

「マリリンに逢いたい」という映画をご存知でしょうか。シロ(犬)が泳いで、大好きなマリリン(犬)に会いに行くという物語です。座間味島は、このマリリンが住んでいた「マリリンに逢いたい」の舞台になった島なのです!

Zamami 0932

座間味港のすぐそばの観光案内所で、この「マリリンに逢いたい」の展示があったので見入ってしまいました。話題になったきっかけは、琉球新報に掲載された、小さな記事だったそうです。

Zamami 0933

ちなみに、シロは阿嘉島から座間味島まで、マリリンに逢うために約6kmを泳いでいたそうです。途中の島で休憩していたそうですよ。阿嘉島から座間味島まで船で移動もしましたが、それなりに時間がかかりましたから、そこを泳いで渡るとか、シロ凄過ぎです。

Zamami 0934

シロとマリリンは既にこの世にはいないのですが、マリリンに関しては子孫がいると聞きました。

Zamami 0935

実際にシロが泳いでいるところの写真もありました。人間が足ヒレをつけて泳ぐよりも、シロの犬かきの方が速かったそうです。

Zamami 0913

ちなみに、座間味島にはマリリンの像があります。阿嘉島にはシロの像があるそうです。

ちょっと映画「マリリンに逢いたい」が観たくなってしまいました。座間味島の景色を、映画の中で見るというのも楽しみなんですよ。

マリリンに逢いたい - Wikipediaによると、1988年公開ということで、四半世紀前の映画なのですね。

沖縄の阿嘉島の民宿で飼われていた雄犬シロが、対岸の座間味島にいる恋人の雌犬マリリンに逢うために海を泳いで渡った実話を元に製作された。原作・脚本は野沢尚。シロ役は本物のシロが演じたが、本物のマリリンは撮影当時すでに事故で他界していたため、同じ犬種の犬を起用した。

シロ役は本物のシロ!

マリリンに逢いたい [DVD]
by カエレバ

座間味島の記事一覧から他の旅記事もどうぞ!

座間味島に行きたくなった方は

座間味島(ざまみじま)|2泊3日、沖縄島旅。楽園・離島便からどうぞ。

今回の座間味島のブログ取材について

アウトドアブランド「mont-bell」とアウトドア雑誌「BE-PAL」と沖縄県の座間味村がコラボレーションするイベント「楽園・離島便フェス」の取材の依頼を頂き、座間味島へ行ってきました。2泊3日の沖縄島旅の様子をお伝えします! 同じく2泊3日の沖縄島旅は、与那国島にも行っています。