2017 04 08 1154

「YouTube」が規約を改定し、視聴回数が10,000回未満のチャンネルは動画に広告を表示できなくなりました。これは2017年4月6日現在とのことです。今回の変更は、クリエイターの収益を守る仕組みの強化として行われています。日本版YouTubeクリエイター ブログで、クリエイターの収益を守る仕組み強化: YouTube パートナー プログラム アップデートのお知らせとして解説されています。

一方、こうした成長に伴い、第三者によるオリジナルコンテンツの再アップロードなどの行為も見られるようになりました。YouTube では、クリエイターの収益が守られる仕組み作りの一環として、なりすましチャンネルの報告機能を提供するなど、ポリシーに違反するチャンネルの停止を進めています。さらに本日、よりクリエイターに正しく収益が分配されるよう、YouTube パートナー プログラムの参加条件を一部変更します。

きちんと運営して10,000回という再生回数はクリアしてよね、ということですね。YouTubeを始めても、いきなり収益化はできなくなったということです。

また、チャンネルの合計視聴回数が10,000回以上に達したクリエイターに対しては、活動内容がYouTubeのポリシーに則しているかどうかの審査も行われるということです。

YouTubeに表示される広告が問題になっていました。

英政府や大手メディアがYouTube広告掲載を中止--グーグルはポリシー見直しへ - CNET Japan

YouTube「ヘイト動画に企業広告」問題、監視強化へ - ITmedia ビジネスオンライン

このあたりが野放しになっていたのが問題で、広告が引き上げられることで、ようやくGoogleが動いたという感じはあります。

ネタフルのチャンネルは大丈夫?

ということで、自分がアップしている動画のチャンネルがどうなっているか気になったので確認してみました。

2017 04 08 1210

ありがたいことに総再生回数は240万回を超えていました!

YouTuberじゃないっすか!?

冗談はさておき、これには自分でも驚きで、最も多い動画で40万回というものもありました。ただ、やはり再生回数の多い上位になる動画は過去のものが多いですね。最近の動画は、あまり再生回数は伸びません。

そういう意味でも、10,000再生というのは、広告表示に対する良いハードルになっているのではないかと思います。

基本、ブログで使用する動画をアップしているのですが、もしよければチャンネル登録してみてください。最近は旅の話題が多いです。