2013 12 10 1029

Yonaguni trip 5368

2013年11月某日。日本最西端の離島・与那国島を旅してきました。那覇に前泊し、2泊3日の離島旅。与那国馬を見たり、Dr.コトーの診療所に行ったり、それこそ日本の西の端の崖まで体験してきました!

今回の旅は「楽園・離島便」という企画のスペシャルモニターとしてご招待頂き、行ってきたものです。沖縄県の離島観光誘致のプロジェクトの一環です。

今回の与那国島への旅は、別件の仕事を久米島でこなしてから(久米島で1泊)、那覇に前泊して向かいました。ということで、行きの飛行機の様子からお伝えしていきたいと思いますが、初めてLCCに乗りました!

「楽園・離島便」の旅のテーマは2泊3日ですが、コストもリーズナブルに抑えられれば言うことありません。そんな時、LCCは強い味方になってくれます。ただ、遅延があるとか、積極的に利用するのは怖かったのですね。でも、今回は全く問題ありませんでした!

利用したのはスカイマークです。

Yonaguni trip 5348

スカイマークは第1旅客ターミナルの北ウイングから搭乗します。

Yonaguni trip 5352

最近は自分でチェックインするタイプのマシンが増えていますが、スカイマークもそうでした。

Yonaguni trip 5351

最初は戸惑うかもしれないけれど、これは便利です。

Yonaguni trip 5349

海外での自動チェックインはまごつきますが、日本語だったら全く問題ありませんでした!

Yonaguni trip 5357

発券された搭乗券です。

Yonaguni trip 5353

保安検査場も、いつもそうなのか分かりませんが、スカイマーク専用となっていました。

Yonaguni trip 5354

22ゲートにて待機。9時10分発の那覇行きです。

Yonaguni trip 5359

搭乗して驚いたのですが、LCCってローコストキャリアの略でして、もう安っぽい飛行機を想像していたんですよ。飛行機自体もコストを削っているのかな、と。

Yonaguni trip 5360

安っぽいなんて嘘。本当に申し訳ないです。シートは革張りでした。しかも狭いと感じることもなく、ゆったり座れて楽チンでした。

Yonaguni trip 5362

シートはRECARO。

Yonaguni trip 5364

使用機材はB737-800でした。

Yonaguni trip 5365

キャビンアテンダントの制服がポロシャツだったり、飲み物が有料だったり、そういったところでコスト削減が行われているようです。かといって、サービスが悪いかというとそういうこともなく、むしろシンプルで快適に感じたほどです。

Yonaguni trip 5363

そして、今回のスカイマークのフライトで最も驚いたのは、足元に電源コンセントがあったことです!

Yonaguni trip 5367

離着陸では使用できませんが、それ以外は充電し放題。2時間以上のフライトになりますから、これはありがたいですねぇ。

Yonaguni trip 5366

ブログを書きながら、那覇に向かったのは言うまでもありません。隣のシートが空席だったので、MacBook Airを使っていても快適でした。

何もかもがフル充電の状態で、那覇空港に到着です!

後ろの方の席に座っていたから気付いたのですが、キャビンアテンダントが頻繁にトイレの清掃を行っていたりして、LCCとはいえ、やはり日本の航空会社なんだなぁ、と思いました。

2泊3日、沖縄島旅。楽園・離島便

記事一覧は「与那国島旅行」からどうぞ!

※19,800円の旅モニター「楽園特派員」も募集中です!

2泊3日、沖縄島旅。楽園・離島便

2013 12 11 1056

楽園・離島便(Facebookページ)

2013 12 11 1056 1