taisei_1176.JPG

キャプテンホルモンの予約に導かれ、東中野にある串焼の名店「大成」にお邪魔してきました。大将ひとり、カウンター8席、BGMのない、静かなお店です。

結論からいうと、素晴らしい体験をさせて頂きました。料理はもちろん、居心地のいい空間。近所にあれば、カウンターの端に陣取り、落ち着いてグラスを傾けながらソリストしたい名店です。

厳粛かつ極上な雰囲気の中、ヱビスビールの生で乾杯させて頂きます。

taisei_1131.JPG

しかし堅苦しい訳ではなく、どこか、背筋がピンと伸びるような良い雰囲気なのです。

taisei_1133.JPG

壁に並ぶ日本酒や焼酎。大将ひとりで切り盛りしていることもあってか、飲み物は基本630円という値段付けになっています。

taisei_1136.JPG

お通しの牛タン。一口食べて「いい店にきた‥‥」と分かりました。

taisei_1137.JPG

お新香なども。

taisei_1143.JPG

最初に登場せしは、お任せでお願いした刺盛です。ビューティフル。

taisei_1147.JPG

塩またはポン酢で頂くのですが、ぼくは主に塩で。美味しかったのはチレにブレインズ、つまりは脳です。濃厚で白子のようでしたよ。

そして、瓶ビールに。

taisei_1152.JPG

こちらももちろん、ヱビスビールです。

あとは怒濤の串焼の登場です。

taisei_1153.JPG

レバー。

taisei_1155.JPG

ハツにタン。

ここで気付いたのですが、これがそれぞれ1人前、つまり1本なのですね。串を外して、出てきています。

taisei_1158.JPG

シロにつくね。つくねはコリコリ。そてしシロ。これは人生で1〜2位のうまさのシロでした。ふわりとろける。

taisei_1162.JPG

同行した人はシングルモルト(ラフロイグのクオーターカスク)をストレートで飲むなどしていましたが、ぼくは楔という名の焼酎をロックで。

いや、実にシングルモルトが似合うカウンターでもある訳なのですよ。串焼をつまみながら、チビリチビリと。

ひとまずお願いしていたメニューが終了し、追加で何本か、ヒレとカシラをお願いしました。

taisei_1164.JPG

肉々しいヒレ。

taisei_1166.JPG

ジューシーなカシラ。うむ、うまい。

なお、串焼き5串盛り合わせは1,550円、1本で頼むと310円です。十分に安く感じます。刺身盛り合わせは1,680円。

ご主人は新宿・鳥茂で修行されたそうなのですが、そこが発祥というピーマンの肉詰めも頂きました。

taisei_1169.JPG

これが、オリジナルの味なのですね。串焼だけれど、ピーマンの肉詰め。いいじゃあありませんか。

けっこうお腹はいっぱいだったのですが、せっかく東中野まで来たのだからと、〆に雑炊を頂きました。

taisei_1174.JPG

出汁は鶏に豚で、濃厚なスープですが、胃に優しそうなホッとする薄味です。最後にちょうど良い量です。

taisei_1175.JPG

これで一人あたり5,000円ほど。いい店でした。ふと思い出して、ついつい足が向いてしまう、そういうお店ではないでしょうか。

いちおう2階に座敷がありましたが、現在でも使われているのかは不明です。なにしろ、大将ひとりで切り盛りしているお店ですので。

超満足。ごちそうさまでした。

串焼 大成 [食べログ]

住所:東京都中野区東中野1-45-5


大きな地図で見る