Akasaka kabun 7605

2015年の新年会として、赤坂にある「炭火焼ホルモン かぶん」に行ってきました。ここは都内に複数店舗ある「炭火焼ホルモン ぐぅ」の元店長の店で、オープン当初から何度となく足を運んでおります。その旨さは折り紙付きなのですが、久しぶりに行ったら、その旨さのグレードがさらに上がった気がするんですけど‥‥何を食べても夢心地、震えるほど旨かったです!

「炭火焼ホルモン かぶん(赤坂)」に行ってきた!

Akasaka kabun 7624

「炭火焼ホルモン かぶん(赤坂)」は千代田線の赤坂駅が近いです。場所はTBSの裏手くらいになるでしょうか。赤坂見附、溜池山王からも歩けます(10分くらい)。赤坂というと焼肉屋のイメージが強いですが、そこで常に満席の店となっている訳ですから、その実力も分かろうというものです。

Akasaka kabun 7595

肉は基本的にお任せにしました。美味しいところ、お願いします! 肉の流れに身を任せます!

Akasaka kabun 7596

まずはプレミアムモルツを飲みながら、ナムルやコッチョリ(浅漬けキムチ)を頂きます。写真はないですが、このコッチョリも最高に旨いので、絶対に食べてみてください。

Akasaka kabun 7593

炙りロース。

Akasaka kabun 7594

炙りロースを炙っているところ。サッと、です。ワサビと大根おろしを巻いて頂きましたが、ベリ旨。いきなり震えた。

Akasaka kabun 7598

分厚いタン。

Akasaka kabun 7599

肉々しいハラミ。

Akasaka kabun 7600

タンタン、タンタン♪

Akasaka kabun 7601

ホルモンスープは優しい味。ミルキー。

Akasaka kabun 7602

ハイボール。

Akasaka kabun 7603

エンピツという部位。リブロースの芯。

Akasaka kabun 7604

焼いたらカットして貰います。

Akasaka kabun 7605

美しい! なんと美しいのだ!

Akasaka kabun 7606

ぷにぷにしててうまーい♪

初めて食べて震えました。ヤバい。

Akasaka kabun 7607

ニンニクも炙ります。

Akasaka kabun 7608

つらみ。頬肉ですね。

Akasaka kabun 7609

ぎゅむ、ぎゅむ、という歯ごたえあって旨し。

Akasaka kabun 7610

小腸、シロ。大好きな部位です。

Akasaka kabun 7611

脂たっぷりは新鮮な証!

これも震える旨さ!

Akasaka kabun 7612

シビレ。シビレも大好きな部位!

本当にシビレは旨いよね。

Akasaka kabun 7613

ニンニクもこんがり。

Akasaka kabun 7614

ホルモン&ミノ。

Akasaka kabun 7615

タレが旨い!

Akasaka kabun 7616

ハツ! エッジの立ったハツ!

Akasaka kabun 7618

分厚いハツに、こんがり焼けたニンニクをオンして頂きました。ベリ旨です。

Akasaka kabun 7620

〆のキムチチャーハン。

Akasaka kabun 7621

ふんわり玉子が美味しい! ブルブルブル!

Akasaka kabun 7622

デザートにアイス。想像していたのより、随分と立派なアイスが登場して驚きました。

とにかく写真を見て頂くと分かると思うのですが「炭火焼ホルモン かぶん」のホルモンは分厚いです。厚切り。旨い上に、食べ応えまであります。旨味がぎっしりです。さらなる特徴としては、タレがありません。下味のまま、頂きます。それが120%旨いです。

年明け最初の金曜日でしたが、19時からずっと満席。さらに22時30分の回に予約している人もいて、その人気のほどが窺い知れました。カウンター席も満席だったので「炭火焼ホルモン かぶん」に食べに行きたい人は予約必須です!

あー、美味しかった。また行きたい。

ごちそうさま!!!!!!

ネタフルでは次のような記事も書いています。

炭火焼きホルモン・焼肉「かぶん(赤坂)」ごっついカルビにホルモンから〆のご飯までしっかり旨味!

炭火焼きホルモン・焼肉「かぶん(赤坂)」やっぱり美味いわー!特に〆のキムチチャーハンが!

炭火焼ホルモン かぶん(赤坂)

関連ランキング:焼肉 | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅