Akabaya 0005

最近「焼きしゃぶ」というキーワードを目にする機会が増えたと思っていたのですが、ついにその「焼きしゃぶ」を食べる機会がやってきました。赤羽にある「元祖焼しゃぶ あかば屋」に行ってきましたよ! 焼きしゃぶだけでなく肉刺も充実している店でした!

Akabaya 0001

「あかば屋」は赤羽駅南口から徒歩数分のところにあります。1階が100円ローソンで、その2階にあるのでお見逃しなく。

Akabaya 0002

1階部分に肉刺やら焼きしゃぶやら、レバーやらもつやら汁といった魅力的なテキストのしずる看板があるので、素通りしてしまうことはないですかね。

Akabaya 0004

豚肉の脂身、牛肉の旨味、〆がソバ。ストレートだけど、実にそそられるキャッチコピーです。男心を理解している人、つまり男が書いているに違いありません。てか、〆がソバって!?

Akabaya 0006

外観からは想像しなかったほど、店内は広かったです。テーブル席の他、座敷席もあったので宴会にも良さそうです。清潔感ある新しい店内でした。

Akabaya 0007

テーブルには予めカセットコンロが設置されています。これが‥‥ここで‥‥焼きしゃぶが行われる訳ですね。

メニューです。

Akabaya 0010

コース的なものがあります。ホエー豚は2,200円、牛豚ミックスが2,700円、国産牛が2,700円です。いずれも、肉刺と焼きしゃぶを楽しむことが出来ます。キノコや〆のソバ、デザートまでついているので、けっこうお得でしょうか?

Akabaya 0011

もちろん、単品で注文することも可能ですので、コースにするかアラカルトにするかどうかはお好みで。最初はコースだと迷いがなくて良いかもしれませんが、単品のロイヤル三元豚とかも気になります。

Akabaya 0013

焼きしゃぶの店なので、焼いてしゃぶするばかりかと思いきや、肉刺も充実しているのですよ! 牛センマイ290円、牛ハチノス290円、牛ハツ290円となかなかリーズナブルです。盛り合わせでも540円ですから。

ついでに、馬肉もありまして、馬刺盛り合わせとかね、あとはもつポンとか、レバぬき、レバ丼とかもつ煮とか、肉好きには居心地の良い場所だと思いましたよね。メニューを眺めているだけでほっこりしてしまうというか。

Akabaya 0015

あと、気になったのは牛汁なので、これも注文してみることにしました! メニューを改めて眺めて食べ忘れたことに気付いたのですが、豚味噌厚揚げというのも食べてみたかったな‥‥。

Akabaya 0076

ということで、まずはプレミアムモルツの生ビールで乾杯です。プハー。

Akabaya 0019

お通しに出てきたのがこれ。ガーリックトーストに、国産牛とひじきの佃煮がのっていました。ちょっと意外な取り合わせだったのですが、一つじゃ足りないくらいに美味しかったです。

Akabaya 0022

肉刺です。牛センマイ、牛ハチノス、牛ハツ、豚ガツの4種類です。

Akabaya 0025

馬刺盛り合わせです。タテガミ、タン、ロース、赤身です。カナダ産の馬刺だそうです。ロースは鮪のブツみたいでした。

Akabaya 0026

脂の部位であるタテガミは赤身と一緒に食べると美味しいということだったのでそうしてみたところ‥‥ねっとりとさっぱりのコラボレーションが美味しい!

Akabaya 0027

ササミを柚子胡椒した、鶏たたきです。こってりが続いた時の箸休め的に良さそうです。さっぱり。

Akabaya 0029

「なんだろう?」と思っていた「レバぬき」です。天ぬきといって、天ぷらうどんのうどん抜きの裏メニュー(?)みたいなのがあるのですが、レバー丼のご飯抜きだそうです、これ。レバーの唐揚げですかね、それを濃く味付けしたもので、確かに肴にしたくなる気持ちも分かります。美味い!

Akabaya 0032

このあたりからさっぱりとハイボールにチェンジです。

Akabaya 0034

牛汁の白。コムタンスープですね! クリーミーで優しい味です。

Akabaya 0035

牛汁の赤。こちらは見た通り、辛めの味付です。といっても、そんなに辛くはありませんでした。ただ、白とは味の方向性が違うので、好みですね。

Akabaya 0033

そして、いよいよメインの焼きしゃぶの準備に取り掛かります! これ、恐らくオリジナルの鍋なのでしょうね。

Akabaya 0038

鍋が滑らないようになってました! これはいいですね。

Akabaya 0037

ニンニクたっぷりの醤油出汁が投入され、準備完了です。

Akabaya 0039

肉も登場です。国産牛ロース、国産牛サーロイン、国産牛バラです。

Akabaya 0042

気になってたロイヤル三元豚も!

で、どうやって食べるのかと言うと‥‥

Akabaya 0044

まず、出汁に肉をひたします。

Akabaya 0045

続いて焼きます。

Akabaya 0048

火が通るまで焼きます。

焼いたら‥‥

Akabaya 0050

もう一度、しゃぶします!

Akabaya 0052

焼きしゃぶの食べ方は、しゃぶする! 焼く! またしゃぶする! というものでした。全く持って想定の範囲外でしたね。まさか、二度しゃぶするとは。

ということで、出汁はニンニクたっぷりの醤油味なので、特につけダレはなく、そのまま食べて美味しいのです。

Akabaya 0054

ニンニクの利いた甘じょっぱい醤油ダレで食す肉‥‥美味しいに決まってますよね。止まりません。

Akabaya 0055

肉が止まりません。何種類か肉を食べましたけど、個人的にはロースが美味しかったですかね〜。

Akabaya 0057

スタイル的には、少しジンギスカンに近いでしょうか? もしかすると、ラムをしゃぶしゃぶしても美味しいのカモ、と思ってしまいました。試してみたいですな。

Akabaya 0059

キノコは出汁に沈めておくのですが、これがまたニンニク醤油を吸ってまいう〜になります。キノコをお代わりしてもいいくらいです。

Akabaya 0061

野菜も摂りたい方は、焼きしゃぶの肉を巻き巻きして食べましょう!

Akabaya 0065

ただし、熱い汁がたれますので気をつけて!

最後に〆のソバを頂きます。

Akabaya 0070

ここからソバ!? と思いますよね。

Akabaya 0071

でも、ソバなんです。焼きしゃぶの〆にソバ。

Akabaya 0072

肉の旨味もタップリ入った焼きしゃぶのニンニク醤油出汁にソバをちよいとつけてツーと‥‥うまーーー!

肉の旨味もタップリなので、なんでしょうね、甘みもあって鴨南蛮を食べているような? そんな肉の味わいがしました。うどんでなくソバ、なるほどですね。

もう少し飲み足りなかったので、いくつか肴をつまみつつ。

Akabaya 0073

カマンベールもろみづけ。

Akabaya 0074

もつポン。

Akabaya 0075

きのこにピリ辛オリーブ漬け。

Akabaya 0082

最後の最後にデザートです。

焼きしゃぶというのは初めて食べたのですが、しゃぶしゃぶでもなく、焼肉でもなく、かといってその中間でもなく、全く新しい食べ物になっています。二度しゃぶとか、普通は思い付かないと思うんですよね。タレごと焼きしめて、さらにもう一度、美味いタレを浴びせかける‥‥それが焼きしゃぶ! 焼きしゃぶはダブルしゃぶ!

なんといっても、個人的に赤羽は近いので、いずれ家族で座敷席にお邪魔したいな、なんて思っています。絶対に子供たちも好きな味だと思いました。

ごちそうさま!!!!!

関連ランキング:しゃぶしゃぶ | 赤羽駅赤羽岩淵駅志茂駅