2014 06 20 1618

Googleが、日本ーギリシャ戦で最も検索された選手をGoogleが発表しています。それによると、日本国内で試合中にもっとも検索された選手は、退場処分となったギリシャのコンスタンティノス・カツラニス選手でした。

<日本対ギリシャ戦>
最も検索された選手(日本国内で日本vsギリシア戦中)
1. コンスタンティノス・カツラニス
2. 内田篤人
3. 大迫勇也
4. 本田圭佑
5. 長谷部 誠
6. 香川真司
7. 大久保嘉人
8. 遠藤保仁
9. 吉田麻也
10. ザッケローニ

2位には内田、3位には大迫がランクインしています。前半・後半で分けてのランキングもあります。

最も検索された選手(日本国内で日本vsギリシア戦前半)
1. コンスタンティノス・カツラニス
2. 大迫勇也
3. 内田篤人
4. 長谷部 誠
5. 本田圭佑
6. 大久保嘉人
7. 香川真司
8. 吉田麻也
9. 川島永嗣
10. 岡崎慎司

最も検索された選手(日本国内で日本vsギリシア戦 後半)
1. 内田篤人
2. 本田圭佑
3. 香川真司
4. 大迫勇也
5. 遠藤保仁
6. 吉田麻也
7. 大久保嘉人
8. ザッケローニ
9. 長谷部 誠
10. ゲオルギオス・サマラス

ここのところまでのワールドカップ開催期間中に「最も検索された サッカーのルール用語トップ5」というのも発表されています。

1. オフサイド
2. フリーキック
3. イエローカード
4. レッドカード
5. アディショナルタイム

やはり、分かりにくいルールの1位は「オフサイド」なのですね。